-->
前回の記事にて、詐欺師にとっての3大必須アイテムとして
「飛ばし携帯」 「架空口座」 「偽造の身分証」
この3つをご紹介しました。

「飛ばし携帯」を使えば、詐欺師は匿名で目的のターゲットにコンタクトを取ることができ、
「架空口座」を使えば、詐欺師は匿名で、かつ相手に会うこともなく現金を振り込ませることができ、
「偽造身分証」を使えば、詐欺師は自分の身元を完全に偽ることができる。
この3つを使えば、自分の身元を隠したまま詐欺行為を働くことが可能になってしまうので、現在では詐欺師が詐欺を行うにあたっての必須のツールとなっています。


例えば、国内では振り込め詐欺の被害が過去最悪となっているようですが…


振り込め詐欺、過去最悪=上半期の被害166億円-警察庁
7月31日17時45分配信 時事通信

今年1-6月の振り込め詐欺被害総額は、166億8800万円だったことが31日、警察庁のまとめで分かった。上半期では過去最悪で、年間でも、最多だった2004年の約284億円を上回る恐れがある。
 認知件数は1万1903件で、検挙件数は1383件、検挙人員は208人。検挙率は11・6%で、依然として低水準にある。
 警察庁は6月、全庁体制で撲滅に取り組むため「対策室」を設置。金融機関などとも協力して被害防止に力を入れており、同庁は「効果を期待し、7月以降の推移を見守る」としている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000114-jij-soci



被害額にも驚かされますが、それよりも検挙率11・6%というのはかなり低いですね。。
やはり、匿名化した携帯と口座を使用するので、どうしても犯人の身元を割り出すのが難しいらしいです。
「飛ばし携帯」に代表される匿名化された携帯電話、また「架空口座」や他人名義口座などの匿名化された口座、3大必須アイテムのうちこの2つが無くなれば今流行の振り込め詐欺のような手口の詐欺は壊滅するでしょうね。。


ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、
犯罪や詐欺などに利用され、大きな社会問題を引き起こす原因ともなっている「架空口座」。
今回はこの架空口座の売買の実態について、取り上げてみようかと思います。


初めに、こちらの画像をご覧下さい。
つい先ほど、某サイトよりキャプチャーしたものです。



こちらは闇サイトでもなんでもない、普通のサイトに設置されていた掲示板です。
とあるゲームの、参加者同士の交流のために設置されていたものです。
そこに、このような書き込みがされるんですね。。

書き込んだのはもちろん口座売買の業者なんですが、最近では闇サイトでも口座売買の書き込みに対する民間の規制が厳しくなってきているので、このように普通のサイトの掲示板にも書き込むようになっています。
もちろん闇サイト内での書き込みが圧倒的に多いのですが、それ以外のジャンルのものでも管理の甘い掲示板や、上の画像のもののように管理が放置されている掲示板を狙って書き込んでいます。
(身に覚えのある掲示板管理者の方は、ぜひご注意下さい。
罪に問われることはないのかもしれませんが、それでも犯罪行為の手助けをしていることになりますので。。)


架空口座は、こちらのように掲示板を介して売買されており、現在のところでは「誰でも」「簡単に」入手できてしまうのが現状です。
もちろん普通の人であれば架空口座など必要ではありませんし、アクセスすることは無いと思うんですが、間違っても「○○に使えるかも」とアクセスすることは厳禁です。
口座を売り買いする行為自体が違法行為であり、また検挙される例も非常に多いからです。
非常に馬鹿らしい行為であるので、絶対に止めてください。



また逆に、「口座を買い取る」という書き込みも見られます。



「どうせあまり使ってないし、お金になるなら売ってみようかなぁ」
…などと考えるのは非常に危険です。

売った口座がどのように使われるのか、ということを考えれば分かるんですけど。
普通に使うのであれば普通の口座を使えばいいだけの話しで、そこをあえてお金を払って買ってまで他人名義の口座を使うということは、それなりの理由があります。

例えば記事の冒頭で紹介したような「振り込め詐欺」、あるいはオークションなどでの「先振り詐欺」闇金の取引口座出会い系詐欺サイトの入金口座脱税資産隠し麻薬の取引口座、などなど、挙げてみればキリがないですが、とにかく「悪いこと」に使われます。
そしてその結果として、多くの人が被害を被ることになり、多くの人を傷付け、苦しめることになります。


また他人を苦しめるだけでなく、自分自身の人生も狂わせることになります。

売った口座は、上に挙げたような詐欺や犯罪行為に使用されます。
そして、被害を受けた方が警察に被害届を提出すれば、当然ながら騙された方がお金を振り込んだ先、つまり口座を調べます。
で、口座の名義人である自分のところに警察が来るわけです。。
至極当たり前のことです。

たとえ自分が詐欺・犯罪行為に加担していなかったとしても、口座を売買すること自体が犯罪行為ですので逮捕され、そして前科が付いてしまいます。


口座を売れば、ほぼ100%の確率で逮捕されます。というか、捕まっています。
絶対にやってはいけません。


※記事中にて掲載している画像は、実際の掲示板の書き込みをキャプチャーした画像です。
口座売買の実態についてよりリアルにお伝えするため、実際の書き込みを掲載しました。連絡先等については全てきつくボカシ処理をした上で掲載しており、こちらからは一切コンタクトを取ることができなくしております。

キーワード検索 : 危険な裏バイト闇サイト求人口座売買


アルバイト募集


▽仕事内容▽
○家電量販店にてパソコン買い付けのお仕事
○最近問題になっている携帯電話等の契約関係ではありません。
○購入代金は先渡し致しますので、アルバイトの方の立替払いは一切ありません。
○お給料は全額日払いでお支払いします。

▽お給料▽
○1台ごとに5,000円
○平均日給2~4万円
○交通費(片道分)・移動費(全額)支給
○お友達や同僚、彼氏彼女等紹介をして頂いた方には、初回に限りお一人様紹介につき2000円×台数を紹介料としてお支払い致します。

▽時間▽
○11:00~約3時間

▽応募資格▽
○20歳以上の方
○免許証、保険証、住基カードのいづれかをお持ちの方
○東京都内に来れる方
○契約関係は一切ないので、金融or携帯ブラックの方でも問題なし



こちらは、闇サイトの掲示板でたまに見かける求人です。
PSPだとかのゲームを買い付けるバージョンもあります。

購入代金は先に業者から受け取るので、こちらが支払う費用は無し。
有名な白ロムバイトでもありません。
(「PCの代理購入」と偽って募集し、携帯電話を購入させる業者もいます。)
業者の指定した電気店に行き、業者の指定した機種のPCを購入するのが仕事ですね。。


「なぜこんな簡単な仕事で1台あたり5,000円もの報酬が?」
と、何か危険な匂いがプンプンする内容ですけどね。。

こちらは、体験談を頂きましたので、まずはこちらをご覧下さい。


パソコン買い付けのバイトの件ですが、自分実際にやりましたので、体験した範囲でお話します。
 
まず仕事の流れとしては、業者の指定したパソコンを指定された店で購入するのですが、その際にフレッツ光等に加入する事で、三万円程度の割引になります。
身分証が必要なのはその為です。
そして、手続きが終わり代金を支払って、商品と領収書、お釣り、ポイントカードを受け取り、業者に全て渡す(フレッツ光等の契約書は渡しません)。
ここまでが1台契約の流れです。
これを1日に何回か繰り返す事で購入台数×5000円の報酬を得られます。

そして後日、フレッツ光には電話にてキャンセルをします。
購入時に店員に「フレッツをキャンセルした場合割り引いた金額は請求する場合が有ります」と言われます。
リスクが有るとすれば、キャンセル後の割引代金の請求の部分でしょうか。
自分の場合はまだ請求は来ていませんが…。 

あくまで自分の予想でしか有りませんが、業者側のメリットはパソコンは売っても割引の差額を考慮してプラマイ0でも、渡したポイントカードで高価な物を買って売れば、その分は数万でも丸儲けですよね。
ただ、数をこなさないと(多くのポイントカードが無いと)少額の儲けにしかならないので、多くの人を集めたいのでは無いでしょうか?
 
乱文、長文失礼しました。



こういうカラクリがあるんですね。

よく家電量販店ではインターネット接続契約すると、購入代金より2~3万円程度割引きする、というキャンペーンをやっていますが、それを悪用するんですね。

業者側は安く買ったPCをオークションなどで転売します。
価格コムなどで掲載されている最低価格より、少し値段を下げて出品すれば100%売れますから。
まぁちゃんと売れたとしても、アルバイトに支払う1台あたり5,000円のアルバイト料、交通費、さらにオークションのシステム手数料などを考慮すると、転売してもわずかに利益が残る程度です。
ここから先は、体験談にある通りです。
ポイントカードを使って商品を購入し、転売するわけです。。


いかがでしょうか?
これ、安全なアルバイトだと思います?
「契約をキャンセルした場合の割引代金の請求」の部分が、一番大きいリスクですね。。
このアルバイトをやった人の話しを聞いても、「自分のところには請求は来ていない」という方がまだ多いんですが…。

それは、あくまでも「まだ」なので。
「契約→キャンセル」を何度も繰り返せば、悪質な契約者としてNTTなどから割引代金の返還を請求されることも十分に考えられますし、
また「契約→即キャンセル」を行う人が増えてくれば、たとえ1度目でも解約すればすぐに返還請求、ということも考えられるわけですね。


つまり、リスクはあるわけです。
仮に、このアルバイトを10台分やったとしましょうか?

アルバイト料として受け取る金額は、
   5,000円 × 10台 = 50,000円
 ですよね?

②で、インターネット契約を条件に割引いてもらった金額が、1台あたり3万円だとすると、
   30,000円 × 10台 = 300,000円
 割引代金は30万円にもなります。

③契約を解約して、割引代金の返還を請求されたとすると、
   300,000円 - 50,000円 = 250,000円
何と、25万円もの金額を請求されることになるんです!


どうでしょう?
わずかな報酬の代わりに、これだけのリスクを背負うなど私は馬鹿らしいと思いますね。

キーワード検索 : 危険な裏バイト闇サイト求人あの仕事の裏側

今でも大きな社会問題になっていますよね。アスベスト。
3年ほど前からアスベスト(石綿)による健康被害が大きく伝えられるようになり、今でも多くの方が肺がんや中皮腫、石綿肺などで苦しんでいます。


アスベストの使用自体は1975年から禁止されているのですが、それ以前に建てられた学校や工場、ビルなどの建物の中にはアスベストを使用しているものも多くあります。
こんな感じですね↓



このアスベストなんですが、そのままであればそれほど危険性はありません。
要は空気中に飛散した(飛び散った)アスベストを肺に吸い込むことが問題なわけで、建物?建材を粉砕しない限りアスベストは飛散しないからです。

一番危険なのはアスベストを使用した建物を解体するときなのですが、
それ以外でも例えば建物が古くなって劣化してきたとき、あるいは内装工事や改装工事などを行う時にもアスベストが飛散する危険性があります。

だから今、アスベストを除去する作業を行う業者が増えているんですが…。
今回ご紹介する裏バイトは、そのアスベスト除去の前段階として、建物に含まれているアスベストを調査する仕事ですね。。



?スキマビジネス
  ○ttp://sbiz.jp/joho_l.html
?ビジネスサプライ研究機構
  ○ttp://www.asahi-net.or.jp/~yy7t-tmr/dairiten-bskk/l.htm
こんなところで募集されていますね。
(○を「h」に変換してアクセスしてください)

作業に伴う危険性は無し。
経験不問、専門知識不要、資格も不要。
全国どこでも可。
作業内容はサンプル収集のみの簡単なもの。

これで何と報酬は1件あたり1万5千円。
一日に6件程度はこなすことができるので、最大で一日あたりなんと9万円!にもなります。


…って、本当だったら凄いですよね。
本当にこんな仕事があったら。。

こちらのHPですが、「全国から検査員を募集しています」と書いているので、一見するとアスベスト検査員の仕事を募集しているのか、と見えます。
が、そうではありませんね。。
内容をよ~く読んでみると、
「ん?おかしいな?」という箇所だらけなんですが…。


このアスベスト検査員の仕事は、どこからの企業や団体から雇われて仕事をするものではありません。
アスベスト除去の専門企業と『提携』して仕事をするものらしいですね。
提携した業者からサンプル採取の仕事を回してもらい、それを行って初めて報酬をもらえるものです。

だから、まずはそのアスベスト除去の企業と提携しなければ全く話しになりません。
ただ、この検査員に登録するためには、登録費用として10万円もお金を払わなければいけないのですが、たとえその10万円を払ったとしても確実に提携できるわけではありません。


上記のサイト、「スキマビジネス」のページの下部のほうに「C~M項目は特定有力企業との提携斡旋」という一文がありますね。
このアスベスト検査員は、サイト内で「L項目」に分類されています。
ということはつまり、この検査員の登録費用である10万円を払ってやってくれるのは、アスベスト除去業者との提携の『斡旋』までなんですね。

斡旋というのは、あくまでも両者の間に立って仲を取り持つだけで、提携することを確実に保証してくれるわけではありません。。
つまり提携を断られることもある、ということです。
また、仮に提携できたとしても、自分のところに確実に仕事が回ってくるのか、また仕事をこなしたとして1件あたり15,000円以上の報酬が確実にもらえるのか、何ら保証してくれるわけではありません。

そもそも、何の知識もない素人に単純作業をさせるだけで、1件あたり15,000円も支払う会社など果たして存在するんでしょうかね。


サイトの左下にある「特定商取引の表示」の中に、
「商材が、情報販売の為、クーリングオフの適用はありません」と書かれています。
金を払った人が約束通りの仕事がないから金返せ、と文句を言っても、「うちは情報を提供するのが仕事で、それから先はあなたの責任だ」としらばっくれるつもりなのでしょう。

腐ってますね。

キーワード検索 : 話題の裏バイト

最近なんですが、学生さんからの相談のメールがやたら多いんですよね。
大抵は「お金がないのでいい仕事を知っていれば教えてくれませんか?」
という内容なんですが、やはり入学や進学で色々と出費がかさむ時期ですからね。。

高額なアルバイトをしたいけど、学生というだけで断られたり、低い時給を提示されたり…。
他にも人それぞれ色んな制約があるので、なかなか思うようにいかないことも多いんですよね。。


そういった学生さんは要注意ですね。。
特にこの時期だから多いというわけではありませんが、闇サイトの掲示板にこんな内容の書き込みを見かけることがあります。

(闇サイトでの実際の書き込みをキャプチャーしたものです。相手の連絡先はボカシ処理をしています)
書類整理の裏バイト1

他にも色んなバリエーションで募集されているんですけどね。
書類整理の裏バイト2

この求人の特徴としては…
・年齢が18~26歳まで
・仕事内容が書類整理、事務作業、簡単な電話対応、サイト投稿業務など
・給料が日払い
・提示する給料が4万円程度

こんな感じですかね。


「書類整理や事務仕事で一日4万円」なんて、いかにも胡散臭いんですね。
全くその通りです。
実はこれ、学ロン詐欺の書き込みなんですよ。

学ロン詐欺については、古典的なもので既に有名な詐欺の手口なのですが、ご説明しておきましょう。


ブログをご覧になっている方は、学生ローンというものをご存知でしょうか?

「学ロン」と略して呼ばれているんですが、都内の主に高田馬場などにあります。
消費者金融などでは収入が無ければ返済もできませんので、基本的に学生にはお金を貸してくれません。
が、学ロンではその名の通り、学生でもお金を借りれてしまうんですよね。
当然ながら借りれる金額は少ないんですが(10万だとか20万程度)、学生証一つあれば担保や連帯保証人も不要で、未成年でもお金を借りれてしまうんですね。


これに付け込んだのが、学ロン詐欺です。
学生ならば、普通は学生証を持っていますし、学生証を持っていれば学ロンでお金を借りることができます。
学生を「簡単な事務作業」「日払い3万円」「即金で払います」などと甘い言葉で誘い出し、学ロンでお金を借りさせてしまうんですね。

手口としては、
「返済は私のほうで確実にしますので、あなた名義で学ロンからお金を借りてきてください」
「借りたお金をうちの会社のほうに投資してもらえば、投資額の○%をすぐに支払います。返済のほうはうちで必ず行います」
こんな説明をし、さらにはご丁寧に借用書なども作成して信用させ、学ロンを回ります。。
求人募集に掲載されている「書類整理」「事務作業」というのはお金を借りるための書類を作る、ということなんですね。。



もちろん、返済などされませんね。
他人名義の借金など、返済するわけがありません。

1回2回は返済しますが、大抵はその後は返済されず、連絡も取れないようになります。
学ロンから借りたお金も、自分名義で借りたものであるので返済も自分でしなければならないようになります。。
色んなサイト・掲示板で被害者が何とかお金を取り戻せないか議論されていますが…正直なところ厳しいですね。

作成した借用書や念書も意味はありません。
多くの場合では、例えば借用書の返済期日が明記されていなかったり、契約期日が明記されていなかったり、とにかく借用書として必要な要件があるんですが、それをちょっとだけ省いて作ったりするので…。
法的な効力が発生しないよう、意図的にそういう作り方をするんですね。。
知識が無ければ、まず分かりませんからね。


また、個人間で作った借用書だけでお金を取り戻すのは難しいです。
借用書には、強制的に貸したお金を取り返す法的な効力というのは実はありません。
借用書は、あくまでも「お金を借りた」という証拠に過ぎないので、裁判をして勝訴判決をもらわない限り、相手から強制的に貸したお金を回収することは不可能です。

そもそも例え裁判を起こして勝訴したとしても、相手に返済する能力が無ければ全く意味ありませんしね。
被害額もそれほど大きくはならないため、泣き寝入りするパターンがほとんどですね。。


大して努力もせずに、簡単に大金を掴めるようなうまい話しは、この世のどこにもありません。
最近では学ロン詐欺だと分かりにくい求人書き込みも増えていますので、要注意ですね。

キーワード検索 : 危険な裏バイト闇サイト求人あの仕事の裏側

こちらは、今でも闇サイトの掲示板でちょくちょく募集されている裏バイトなんですけどね。
こんな感じで募集がされたりしています。

郵便裏バイト1

郵便裏バイト2

書き込みだけを見れば、まさに夢のような話しですね。


見れば分かると思うんですが、こちらは郵便物を代理で受け取る裏バイトです。
指定された宛先からの郵便物や商品が送られてくれば、それをきちんと受け取り依頼者に引き渡すのが仕事です。
それだけで高額な報酬を謳っていますね。

大抵の場合は「届いた郵便物は絶対に開封してはいけない」などと言われるんですが、
一見すると何か「ヤバイもの」だとか違法なものを受け取ったり引き渡したりする仕事の募集であり、そのリスクの代償としてこのような高額な報酬が設定されているんだ、と思ってしまいます。



が、実際は違います。
こちらは、詐欺の求人です。

この仕事では、実際に自宅に届くのは普通の封筒であるとか色んな小包、あるいはちょっと大きめの電化製品が届くこともありますが、違法なものやヤバいものが届くことはありません。
至って普通の郵便物ですが、そこにはカラクリがあります。
この郵便受け取りの裏バイトは一種の「名義貸し」なのです。。


どういうことかと言うと、
ごくごく当たり前の話しなんですが自宅宛に郵便物が届くということは、
その郵便物の宛先の住所は自宅であり、また宛先人は自分である、ということですよね。
宛先人の名前が他人のものであれば届きませんからね。

ということは、たとえ自分は誰かの代理で受け取ったつもりであっても、傍から見れば自分の住所宛に送られた郵便物を自分自身が受け取った、ということになるんですね。。
しかも、自分自身が受け取ったはずの郵便物を確認すらせずに相手に引き渡すということは、自分自身に送られたはずのモノや重要な情報すらも相手に引き渡すということと同じことであり、「郵便物」という媒体を介して、住所と名義を貸すことになるんです。


ちょっと抽象的で分かりにくいので、具体的な例でご説明しましょう。

例えば、ネットショッピングや通販を利用すると、支払い方法を分割や後払いすれば、すぐにお金を払わずとも商品を自宅に配達してくれますよね。
もちろん、確認のために料金や支払いの明細も一緒に送ってくれますが、とりあえずは商品を送ってくれますよね。


では。
誰かがあなた名義で小型の家電であるとか携帯電話・ブランド商品などの換金性の高い商品の購入を、通販やネットショップで申し込んだとしたら…。
どうでしょうか?

もちろん、商品はあなたの住所に、あなた宛に届きますよね。。
この裏バイトでは、その商品をそのまま依頼者に引き渡すことになります。
で、それでいくらかの報酬をもらってそれでお終い…ならいいのでしょうが、忘れてはならないことがあります。
そう、料金の支払いです。

商品は引き渡すことになるんですが、依頼者はもちろん商品の代金など払いません。
いくら文句を言おうとも、支払うはずがありません。
何しろ、傍から見ればあなたの住所に、あなた名義宛に商品が届いたんですから、支払う義務があるのはあなた自身なんですから。。


「誰かの代理で郵便物を受け取る」というものでも、自分自身の名義で受け取ることになるわけですから、結局のところ「名義と住所を貸す」ということになるんですね。。



ちなみに、この郵便物を受け取る裏バイト
詐欺の手口としては通販を利用したものだけではなく、身分証明書(面接時にコピーを取ったり、口実を付けて相手に取り上げられたりします)を悪用されて、勝手にカードだとか携帯電話を作らされたりもします。
報酬も、5,000円ももらえません。


常識的に考えれば、郵便を受け取るだけで5,000円などというおいしい話しはありません。
軽い気持ちで応募すれば、莫大な借金を背負わされる結果となります。
決して応募しないで下さい。




今年中に一位を狙っています。
応援よろしくお願いします。→人気ブログランキング

キーワード検索 : 危険な裏バイト闇サイト求人

裏バイト求人の掲示板でもたまに見かけるのがこのバイト。

買い物代行」と言っても、誰かのおつかいに行くとかではありません。
パターンは大体2つあります。

一つ目は、いわゆる「買い子」。
偽造したクレジットカードや盗んだクレジットカードで本人に成りすまし、換金性の高い家電製品やブランド物を限度額いっぱいまで買いあさります。
買い子がいるということは、もちろんクレジットカードを供給するスキマー(スキミングする人)や偽造屋がいて、さらに全体の流れを統括する元締めも当然います。


買い子がクレジットカードを使用する際には、店頭で簡単な審査があります。
よくお店のレジの横にある端末で、CATと言われるやつを使うんです。

クレジットカードで清算すると、レジ係は必ずカードをこのCATに通します。
このCATはオンラインでクレジットカード会社に繋がり、そのカードが不正なものでないか、または盗難届けが出されていないかなどを調べます。

最近までCMでやってた、「ジジジの間に何が…」というやつです。
そこで不正を検知されたらもちろんアウト。
警備員がすっ飛んできます。

この買い子には、「どんなカードでも限度額いっぱいまでスピーディに買い漁る」という相当な技術を持ったプロ集団もいます。
が、掲示板を見て応募してきたような普通の人にはそんな真似はとてもできません。
なので、1万円以下の買い物をひたすらさせるか(1万円以下ならCATを通さないので)、もしくは「使い捨て」。
「これはさすがにヤバイんじゃね?」というようなどうでもいいカードを使わせ、「うまく買えたら儲けもの」くらいのつもりで数十万くらいの家電製品を買わせたりします。

ちなみに買い子をやって逮捕されれば、「そんな違法なカードだとは知らなかった」と言い訳しても通用しません。
悪意だろうが善意だろうが、共犯として検挙されちゃいます。



二つ目は、本人のクレジットカードで買い物をさせるというパターンです。
「事情があって自分名義ではカードが作れないので、報酬は支払うし返済はこちらでするので代わりにカードを使ってこの商品を買ってほしい」という内容で募集しているものが多いですね。

買わせるものは、こちらも換金性の高い家電製品やブランド物。
相手は商品を受け取り、代わりに報酬を支払います(ウンと安いです。せいぜい2,3万)

本人にしたら「代わりに買い物をしただけでお金を稼げた!ラッキー☆」
ということになりますが…

もうお気付きですよね。
もちろん、相手は返済などしないです。
一ヶ月後にはカードの利用代金の請求書が自宅に届きます。
連絡を取ろうとしても、取れるはずがありません。
訴えようにも、訴えられません。
換金目的でのカード使用は禁止されていますし、本人名義のカードで本人が買ったのですから。

「いや、返済は相手がしてくれると約束したんだ!」
と言っても、たとえ念書や契約書があっても、そんな違法な内容の契約は無効です。
(民法90条:簡単に言えば、違法な内容の契約は無効である、ということです)

逮捕はされません。
だから、「ノーリスク」なんて文句を掲げて求人募集している業者が多いです。
確かに、「逮捕されない」という意味ではリスクはありませんが、多額の借金は残ります。


いずれにせよ、この裏バイトは概ね報酬も低いです。
「買い物をするだけ」というキャッチコピーで、いかにも簡単そうな裏バイトに見えますが、ほとんど全ての求人は詐欺目的です。

キーワード検索 : 買い物代行危険な裏バイト

  • 高給アルバイト!? 治験のアルバイト まとめ

  • 男性のみ募集 アダルトビデオ出演で最大50万円!?

  • ノーリスクでBETして金銭などが手に入るWEBサービス

  • アイドルのマネージャー募集

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト