ここ数年、メガバンク同士の超大型合併が相次いでいます。
それに伴い、銀行の支店の統廃合が盛んに行われています。

私は昔は三和銀行を使っていたんですが、それがUFJ銀行になり、現在では三菱東京UFJ銀行となっています。
わずか6年だとかそこいらの間に、2回も銀行名が変わったんです。
もちろん、支店名もコロコロ変わってしまいました。
そのたびに、会社の給料の振込先を変更したり、支払いの引き落とし先を変更したりと、実際かなり煩わしい思いをしてきました。。

この詐欺は、そんな現代の世情を利用した詐欺です。
とても単純なものですが、あまり知られていないだけに、引っかかりやすい人はコロッと騙されてしまいます。

その手口はこうです。


まず、世帯数の多い賃貸マンションを探します。
団地なんかでもいいでしょうね。

そして、その賃貸マンションのポストに、こんな内容の手紙を投函します。



振込先変更のお知らせ

このたび、○○銀行と××銀行の合併に伴い、毎月の家賃の振り込み先が変更になります。
 
 新しい振込先 △△銀行 □□支店
        口座番号 ○○○○○○○

来月より変更となりますので、お間違いのないようにお願い致します。

        
○○マンション管理会社 ○○商事
          住所: ・・・・・・
          TEL: ・・・・・・




こんな内容の手紙を投函します。
差出人名義はマンションの管理会社名で。

そして手紙を投函した後は、指定した口座に家賃が振り込まれてくるのをひたすら待つだけです。
手口と言ってもたったこれだけの、とても単純な詐欺です。

が、詐欺の定石として、手口が単純であればあるほど引っかかりやすいもの。
この詐欺も手口は単純ですが、実に巧妙。

この手口では新たにお金を徴収されるというわけでもなく、毎月振り込むことが決まっているお金ですから、特にお年寄りなんかはうかつに信用して振り込んでしまう人も多いと言います。

特に最近は銀行の合併で支店名が変わってしまうことはしょっちゅうあります。
なので、「○○銀行と××銀行の合併に伴い」というフレーズで、「なるほど、さもありなん」と受け取ったほうで勝手に解釈して納得してしまうものなんです。

被害額はそれほど大きくないかもしれませんが、よく確認もせずに手紙の内容を信用し、引っかかっている人も案外多いんです。。

こういった詐欺の被害にあわないためには、似たような手紙を受け取ったらその内容を鵜呑みにせず、管理会社にこちらから電話をかけて確認をとること。
たったそれだけのことでほぼ確実に詐欺被害を防げます。。

キーワード検索 : 

コメント一覧
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集

  • コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス