SOHOブームに乗っかって、今けっこう流行っているみたいですね。
個人輸入代行。


海外のネットショップでは、日本国内で超高額なブランド品が、格安で売られていたりします。
また、国内では手に入らないレアアイテムが売られていたりもします。

しかし、そこで書かれているのはもちろん英語。
購入の手続きも英語でしなければならず、英語が分からない人にとって購入するのは至難の業です。
そもそも、英語が分からない人ならば、英語で書かれているサイトを見ることすらないでしょうし、海外で売られているアイテムを目にする機会もないでしょう。

そこで登場するのが、この個人輸入代行というお仕事です。


何をするかと言えば、まず通常のアフィリエイトと同じように、商品を自分のホームページやブログなどで紹介します。
もちろん、海外で売っている商品です。
国内では売られていない商品なので、一般の物販アフィリエイトと比べると競争は格段に低いですし、けっこう注目を集めます。

たとえば、日本では発売されていないブランド品を売っている海外サイトを探し、その商品画像・紹介文・価格などと一緒にサイトやブログで紹介します。
注文を受けたら海外サイトに商品を発注し、商品が自分の手元に届いたら客に発送し、手数料をもらうという流れです。

手数料としては、仕入れ値(つまり海外サイトで売られている値段)の10%~30%程度が一般的です。
つまり、5万円で売られている商品なら、5千円から1万5千円ほどを手数料として値段に上乗せします。

また、特に激レアなアイテムならば、仕入れ値を伏せて自分で好き勝手な値段を付ける、という方法もあります。


特に、爆発的に稼ぎを出しているのがサプリ・薬品関係

海外では、日本では未承認のサプリや医療品がたくさんあります。

たとえば、曲美というダイエット薬もの。
これは、国内では未承認であるダイエット薬品ですが、日本で売られているダイエット薬品なんかとは比べられないほどの効果のあるダイエット薬品です。
ヤンヒーダイエット(ホスピタルダイエット)MD(クリニックダイエット)などのように、飲んだ人はほぼ100%痩せられると言われているほど効果の強いダイエット薬品もあります。
ただし、効果が強すぎるため頭痛やめまいなどの副作用もあります。個人差はありますが。
(興味のある方はググってみてください。)


もちろん、これを日本に持ち込んで販売すれば薬事法違反で逮捕されちゃいます。
ただ、たとえ未承認の薬品でも、国内で所持・使用が禁止されているものでない限り(薬品の中に麻薬成分が入っているだとか)、個人の資格で輸入し使用するのは違法ではありません。
(ちなみにヤンヒーダイエットについては向精神薬成分が入っているため、たとえ個人資格でも輸入は不可)
あくまで個人輸入の"代行"なんで販売できるんです。


こういうダイエット関係でなく、海外製のサプリや薬品はかなり人気があります。(ちょっと前に問題になったバイ○グラだとか)

副作用があるんで私はあんまりいいと思わないんですがね。
でも、かなり儲かってるみたいです。

キーワード検索 : あの仕事の裏側

コメント一覧
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 不労所得?

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集