1. 裏バイト情報 裏のアルバイトTOP
  2. サイト情報・その他
  3. 裏技・小ネタ
  4. あなたの仕事探しを変える、求人検索サイトの使い方

あなたの仕事探しを変える、求人検索サイトの使い方

このブログをご覧の方の中には現在仕事を探されている方も少なくないと思いますが、いい求人募集を探すのって本当に難しいものですよね。
仕事を探されている方から「こんな仕事無いですか?」「~~のようなバイトがあったら教えて下さい」なんていう相談を受けることもよくあるんですが、やはり皆さんお仕事探しには苦労されているようです。

仕事を探す際、一般的には求人サイトで検索をしてみたり、求人情報誌を利用したり、新聞の折り込みチラシをチェックしたり、あるいはハローワークを利用される方が多いと思います。
「いいバイトを探すために、近所のコンビニで貰ってきたフリーペーパーを端から端まで、目を皿のようにして探してみた」
「丸一日かけて色んな求人サイトを回って探してみた」
「新聞の折り込みチラシは必ずチェックしている」
実際にされている方のお話しですが、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それでも、膨大な情報の中から自分の希望する条件の求人を見付けるのはなかなか容易なことではありません。

ただし、実際には求人情報は色んな媒体を通して毎日大量に発信されているものであって、ちょっと探し方を工夫するだけで案外簡単に希望する条件の求人が見付かることがあります。

今回は「仕事を探す上で押さえておきたい求人検索サイトの使い方」と題しまして、求人サイト検索を利用して簡単に求人を見付ける方法をご紹介しようかと思います。

求人情報専門の検索サイトを利用する


今回ご紹介するのは、インターネットを利用して求人を検索していく方法です。

「検索」といえばYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを思い浮かべるかもしれませんが、今回はちょっと違います。
と言うのも、求人情報を一般的な検索エンジンで検索しようとしても、求人情報以外のサイトが検索結果に出てきますし、またタイムリーに検索することが出来ませんので。
求人情報を探す際には検索エンジンは使えないんですね。

ご紹介するのは、求人情報専門の検索サイト。
お勧めは「キャリアジェット」というサイトです。

過去に「自宅でできるアルバイト求人を探す方法まとめ」の記事の中でも取り上げたことのあるこのサイトですが、求人情報を探す際には絶大な効果を発揮します。

何しろこの求人検索サイトは、複数の求人サイトに掲載されている膨大な量の求人情報、人材派遣会社等が募集している案件の中からまとめて検索できる、という非常に便利なサイトなんですね。

どのような媒体の求人を検索できるのか、ごく一部ですが紹介しておきますと、フロムエー、バイトルドットコム、ショットワークス、an、シフトワークス、アルバイトEX、goo求人、@niftyアルバイト、インディビジョン、はたらいく、マイナビバイトなどの国内の主要な求人サイトの情報はほぼ網羅していると言っても過言ではないかと思います。
実際にはこれ以外にも多数の求人サイトの情報を検索できますし、更にこれに派遣会社で紹介されている案件の情報等も加わってきます。
利用はもちろん無料で、登録なども必要ありません。


この求人検索サイトを利用するメリットは、ずばり「①早い・②簡単・③満足」。

まず「早い」とは、①目的の情報に辿り着くまでの時間を大幅にカットできるということ。
求人検索サイトでは、「キーワード」と「勤務地」を入力して検索ボタンを押すだけで、指定した地域内の求人一覧を簡単に検索することができます。
後述するように入力するキーワードを工夫する必要はありますが、色んな求人サイトを回ったり求人雑誌を眺める必要が無いので、その分の時間を節約することができるんですね。

また「簡単」とは、②情報を入手するまでにかかる労力を少なくすることができるということですね。
上述の「早い」と同様の理由になりますが、膨大な量の情報が一ヶ所に集約されていますので探しやすくなりますよね。

そして最後の「満足」が一番大きなメリットかもしれませんが、③より膨大な量の求人情報の中から目的の情報を探すことができるということ。
試しにキャリアジェットで検索をしてみれば分かると思いますが、実に多くの求人サイトや派遣情報サイトの案件から求人情報を検索することができます。
1つずつ求人サイトを見て回るよりもより広い範囲から情報を探すことができますので、より満足できる条件の求人を探すことが可能になるというわけです。


ただし、もちろんメリットばかりというわけでもありません。
キャリアジェットは基本的に検索サイトですので、求人サイトによくあるように親切なサイトの造りになっているわけではないんですね。
そのため、目的の情報にたどり着くためには使い方に工夫が必要になってくるわけです。

求人検索サイトの使い方


キャリアジェットの検索ボックスは下記のようなものです。



使い方ですが、基本は単純で「キーワード」の欄に指定したキーワードを、「勤務地」欄に勤務地の地名や駅名を入力して検索ボタンを押すだけです。

で、工夫が必要なのは「キーワード」欄に入力する言葉。
基本的には仕事を探す上で目的の情報に関連するキーワードを入力して検索すればOKです。
就きたい職種が決まっているのであればその職種名をそのまま入力したり、優先したい条件(ex.「寮完備」、「日払い」など)があればそちらも記入したりします。

ただし、キーワードを入力する際には1点だけ気を付けるべき点があります。
それは、キャリアジェットで検索できる求人案件の量はあまりにも膨大なので、入力したキーワードで検索をしても目的以外の求人が検索結果に出てきてしまうことが多いという点ですね。
膨大な量の求人の中から入力したキーワードを含む求人を自動的に拾っていくシステムですので、全く関係無い求人ばかりが検索結果に出てしまい、自分に合いそうな求人にまでたどり着けなくなってしまいます。。


その場合は「マイナス検索」を活用して邪魔な求人を排除していって下さい。

マイナス検索とは:
検索結果から除きたいキーワードの直前に半角のマイナス記号 "-" をつけて検索することにより、"-" がついている言葉が含まれているページを除外したリストが表示される検索エンジンの機能です(マイナスの前にスペースを入れて下さい)


特にキャリアジェットの場合ですと、私がこれまで利用してきた感覚で言えば、医療系の仕事が検索されやすい傾向があるように感じます。

キーワードで検索をしてみて、例えば「看護」というキーワードを含んだ求人が検索されたとしますと、「(指定したキーワード) -看護」として再度検索をすれば、看護というキーワードを含んだ求人はリストから除外されます。
さらに「介護」というキーワードも邪魔だと感じた場合には、「(指定したキーワード) -看護 -介護」として再び検索をすれば、今度はこの2つのキーワードが検索結果から除外されます。

このようにしてどんどんマイナスのキーワードを付け加えていくことで、目的外の邪魔な求人が検索結果から消えていき、自分の求めている情報が探しやすくなっていきます
これがキャリアジェットを使いこなすための一番のコツかと思います。




いかがでしたでしょうか?
求人検索サイトは利用法にコツがいりますので使いこなすまではなかなか難しいかもしれませんが、使い方をマスターすればお仕事探しが格段にはかどるかと思います。

興味の湧いた方はぜひ一度お試しになってみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
favorite sites