お金はないが暇ならある。
そんな人におすすめな裏バイトがこちら。

地味屋とはずっと昔からある商売なんですが、落ちてるお金を拾って生計を立てる人のことをいいます。
「何かいいものが落ちていないかなー」と地面を見ながら街中をウロウロとしているので「地見屋」というわけです。

ただ、もちろん町中にそうそうお金なんか落ちているわけありません。
せいぜい自販機の周りに10円玉が落ちてるくらいなもんでしょう。

おススメする方法はお金を拾うんじゃありません。
拾うのは紙クズ。
用意するものはゴミ袋一枚のみ。
これだけで、うまくいけば一日で万単位の現金をゲットできます。


さて、どうやるのかというと…
①まずは競馬場か場外馬券売り場へ出かけましょう

②場内に散らかった馬券をひたすら集めてゴミ袋にいれましょう

③袋がいっぱいになったらゴミ袋をかついで家に持ち帰りましょう


以上で作業は終了です。
お疲れ様でした。

ゴミを集めるのが恥ずかしい人は、作業着っぽい服を着て軍手をつけてやれば、周りの人はJRAの雇った掃除員と勘違いしてくれます。

ゴミを拾っているだけのような気もしますが、もちろんボランティアではありません。
ちゃんとしたお金儲けなんです。
拾った馬券は、もちろん捨てずに家に持ち帰り、ヒマを見つけては競馬新聞やスポーツ新聞と照合して1枚1枚チェックしていきます。

これがなかなかお金になるそうなんです。
経験者によれば、少ない日で1~2万。多ければ10万くらいにはなるそうです。

特に競馬の投票券がマークシートになって以降、誤って捨てられるあたり馬券の数が急激に増えているといいます。
外れた…と思って馬券を投げ捨てる人もいますが、枠内の数字を塗りつぶす時点で間違えていて、予想は外しながら馬券は当たっているという怪我の功名に気付かぬまま、確認せずに捨ててしまう人も多いといいます。

「順番と払い戻しが確定するまで、お手元の馬券はお捨てにならずに」
とJRAが丁寧に言ってくれているのに、ゴールの瞬間に
「ちくしょう」
と馬券を投げ捨て、レース審議の後に失格馬が出たことを知って急に慌てだす。
そういう早とちりも多いそうです。

競馬場に行けば、こういう裏バイトで稼ごうとしている人もたまに見かけます。
ちょっと勇気はいりますが、話しのネタに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

キーワード検索 : お得情報

コメント一覧

いつも役に立つ情報ありがとうございます


私もブログを始めましたので

もしよろしければ暇なときにでも見に来てください


では頑張ってくださいね

  • [2007/03/27 22:16]
  • 競馬大好き野郎

はじめまして

突然のコメント失礼します。

私は「競馬大好き!!競馬情報ブログ」と言うサイトを運営しています。

そこでこちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事
http://blog.livedoor.jp/keibamaster/archives/50094859.html

  • [2007/03/27 22:35]
  • 競馬大好き野郎
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 不労所得?

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集