今回は裏バイトというわけではありませんが、情報を投稿頂きましたのでご紹介しておきます。

「宿直」


この言葉を目にして、皆さんはどのようなものをご想像されるでしょうか?
一番身近なもので言えば、病院の医師であるとか、学校の先生だとかでしょうか。
(最近では学校での宿直はほとんど無いようですが)


宿直とは、通常の昼間の業務が終了した後に、夜間その施設に泊り込んで、火事や不審者の侵入に備えて巡回を行ったり、電話対応をしたり、緊急事態に備えて待機することを言います。
「夜勤」の仕事とはまた違います。


宿直と夜勤の違いは何なのかという点については、労働基準法で定めてあるんですけどね。
簡単に書きますと…
夜勤は法定労働時間内(1日8時間、1週40時間)の勤務であり、深夜割増手当(2割5分増)を支払う必要が発生します。

これに対し、宿直は法定労働時間外の勤務であり、深夜割増手当を支払う必要は無い、
という違いがあります。


ただし、宿直を行わせるためには所轄の労働基準監督署長の許可が必要であり、
その許可の要件として
①常態として、ほとんど労働をする必要のない勤務であること。
②通常の労働の継続でないこと。
③相当の睡眠設備が設置されていること。
④宿直手当が支払われていること。
⑤宿直が1週間に1回以内であること。
こういった要件が必要になるわけです。

つまり、「宿直」はあくまでも施設内の巡回や電話対応、緊急時に備えての待機など、ほとんど労働する必要の無いものに限る、ということです。

まぁ実際には、この辺は「夜勤」と曖昧にしている会社や施設も数多くあるんですけどね。
(病院関係でも「宿直」と言われますけどね。けっこう忙しいみたいですね。)
業種にもよっても例外はあるんですが、基本的に宿直はこのようなものなんですね。。


「宿直」というキーワードで探してみると、募集で多いのは病院や介護施設、官公庁がほとんどなんですが、お勧めのものはサービス業ですね。
厳密には「宿直」の要件に当てはまらないもの多いんですが(週に1回ではないor「宿直手当」という名の手当てが無いなど)、業種によっては夜間はほとんど極端に暇になるものも多いんで、けっこう穴場なところもあります。



はじめまして。
毎回楽しく見ています。
友達からとても面白そうなバイトの話しを聞いたので、報告します。
裏バイトというわけではありませんが。

その友達が勤めているビジネスホテルでは、「宿直」と呼ばれているバイトがあるそうです。
仕事内容は、夜中に宿泊しているお客さんから「お湯ください」とか「リモコンの電池がなくなったんですけど」とかいった電話がフロントに入ったら、それらを持っていってあげる仕事らしいです。

といっても、基本的には暇なのでホテルの一室で待機してるらしいのですが、待機って言っても、みんな寝てるらしいです。
ゲームをしたり、勉強したり、しゃべくったり・・・。

お給料はそんなに高くないそうなんですが、仕事内容からするとすごいおいしいですよね!
バイト情報誌には載ることはないそうなので、直接ホテルに問い合わてみることをおすすめします。



(たへさんからの投稿です)

他にも、24時間営業のレンタカー会社の中にも、いい内容の求人があるようですね。
面白い具体的な求人などを見つけましたら、またブログ記事でお知らせしようかと思います。

キーワード検索 : 投稿体験談美味しいバイト

コメント一覧
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集

  • コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス