上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード検索 : 

さて。

先日ご紹介した「500円で買って5000円で売る方法」ですが、
ちょっと分かり難いとのご指摘を受けましたので、解説のための記事を書いておきます。


解説の前に「500円で買って5000円で売る方法」について振り返ってみることにしますが、要約すると次のような感じになります。


「500円で買って5000円で売る方法」とは、ホームセンター等で500円程度で売られているカブトムシのペアを購入し、それを繁殖させて夜の繁華街などで高値で販売するというもの。

500円で購入した1ペアのオスとメスからは約40個の卵が産まれ、それが翌年には成虫になって40匹20ペアのカブトムシになる。
さらにそれが1ペア40個ずつ卵を産むと、
 40(個)×20(ペア)=800個
となり、なんと800個もの卵を産むことになる。
そのうち7~8割が成虫になり、最終的に600匹前後(300ペア)のカブトムシが誕生する。
1ペアのカブトムシを繁殖させていくと、2年後には300ペアまで繁殖させることができる。

で、このカブトムシ。
その辺のペットショップやホームセンターなどで普通に売ってるものだが、なぜか夜の繁華街では珍しがられ、2,000円~5,000円などというべらぼうな高値をふっかけても、
「お土産にしよう」 「話のネタにするんだ」 「なつかしいね」
などと言って、金持ちそうな中年男や水商売のお姉さん、ほろ酔いのカップルなどがポンポン購入していくのである。。

1ペアあたり平均して2,500円で売れるとして、それを300ペア売れば75万円の売上。
繁殖のために6万5千円程度の費用はかかるものの、利益として68万円以上もの現金が手元に残ることになる。



これ、本当だったらもの凄い話しですよね。
なにしろ、500円で買ったものが2年後には300個に増え、さらにそれが1個あたり5,000円で売れるんですから。
500円が、2年後には68万円に化けるんです。
本当だったら、ボロ儲けですよね。。
本当だったら。
裏のアルバイト・カブトムシ

しかし、もうお気付きかと思いますが、この方法は無理です。

普通の人には、とても実践できるものではないと思います。
カブトムシの飼育自体はそれほど難しいものではありませんが、それよりも育てたカブトムシを販売することが非常に難しいからです。


この「500円で買って5000円で売る方法」では夜の繁華街での①路上販売を推奨していますが、
そもそも、この路上販売自体が簡単なものではありません。

人通りの多い繁華街なんかで路上販売をやろうとすると、どの地域でやるのかにもよりますが、地域の商店街の人に怒られたり、怖いお兄さんが
「誰の許可を得てやっとるんじゃあ!」
と登場してくる、といったことも普通にあります。
(映画みたいですが本当にあります。というか、昔実際に言われたことがありますw)


また、路上販売ということは道路上で販売することになると思うんですが、その場合警察から道路の使用許可を得なければなりません。
ただし、基本的には路上販売に対しては道路の使用許可はかなり下りにくい、というかまず下りませんので、無許可で営業することになります。
警察が来れば当然ながら撤収しなければなりませんし、無視して居座り続ければ道交法違反で検挙される可能性もあります。
カブトムシに限らず、日本では路上で販売をすること自体が難しいんですね。


その上、国産のカブトムシは、そこらへんのホームセンターやペットショップ、スーパーなんかでも500円程度で売られているものです。
それを安く販売するのならまだ話しは分かりますが、路上販売でショップの値段の何倍もの高値をふっかけて売りつけるなど、ちょっと考えられませんね。
私なら買いませんし、恐らく大多数の人は買わないと思います。

路上販売は、はっきり言って無理です。




では路上で販売できないとなると、他に一体どのような販売方法が考えられるでしょうか?
何しろ、「500円で買って5000円で売る方法」の通りに繁殖させていれば、300ペア、オス・メス合計で600匹もの大量のカブトムシを飼育させることになります。
このカブトムシの大群を一体どうすればいいのでしょうか?

その他に売れる可能性がありそうなのは、
②近所のペットショップなどに買い取ってもらう
③ネット上で販売する

くらいでしょうかね?

このうち②ペットショップなどに買い取ってもらうというのも、難しいと思います。。

普段皆さんがペットショップやホームセンターで見かけるカブトムシというのは、ショップの方が繁殖させたり捕まえたりしているわけではなく、ちゃんと専門の繁殖業者さんがいて、そこから仕入れているものなんですね。
で、そういう業者さんのやっているカブトムシの養殖ビジネスの実情については、以下のサイトに詳しく説明がされています。

カブトムシの養殖ビジネス
国産カブトムシの養殖ビジネス

こちらを読めばお分かりになるか思いますが、まずショップで買い取ってくれるところを見つけること自体が難しいですし、仮に買い取ってもらえても1ペア50円程度という安い値段でしか買い取ってくれません。
ホームセンターやペットショップなんかで見かける1ペア500円などという価格はあくまで末端の販売価格なんで、卸値としてはこれくらいの値段なのだそうです。。

1ペアあたり50円ですから、300ペア買い取ってもらっても、15,000円程度にしかなりません。。
しかし、カブトムシを繁殖させるために6万5千円程度の費用がかかりますので、ショップに買い取ってもらうのでは完全に赤字ですね。。


また、③ネット上での販売も難しいと思います。

これについては、カブトムシがオークションで出品されているので、実際に見てみればネット上での販売価格の相場が分かると思います。
Yahoo!オークション-「カブトムシ ペア」

ご覧になれば分かる通り、非常に安いものにしか入札がありません。
あくまでもヤフーオークションでの価格なので参考程度にしかならないと思いますが、ある程度の相場は分かるかと思います。

ショップに買い取ってもらうよりも高値で売れる可能性はありますが、それでも繁殖費用を賄えるほどの売上を確保するのは難しそうです。。



いくらカブトムシを繁殖させたところで、路上販売はできず、かと言ってショップ等に買い取ってもらうことも難しく、ネット販売でも利益を出すことは難しいものです。。

さらに言えば、カブトムシの成虫の寿命は通常1~2ヶ月程度と非常に短いため、売るとするならばその間にしか販売することはできません。
売れないままにズルズルと時間が経ってしまえば、あっという間に全滅してしまいます。。

カブトムシの養殖業者さんなどは、もっと大量に、それもコストをかけずに繁殖させ、さらに安定した販売先を確保しているからこそ利益が出るのだそうです。
事前にしっかりと準備をして本格的にやれば儲かる可能性もあると思いますが、何も考えずにやって儲かるほど簡単なものではありませんね。。

キーワード検索 : 裏情報詐欺

コメント一覧

ごくごく稀に誕生する、雌雄一体のカブトムシとか、比較的珍しいオオクワガタを捕まえて売るほうがよさそうだね。

  • [2009/07/07 21:24]
  • ちゅうえい

カブト虫御殿は数年前までは建ちましたが今は無理みたいです。年に2000-3000万の収入だったそうです。今は幼虫20円/匹で引き取る業者は地方にいくらかありますよ。私はヤフオクで2年前に幼虫50匹を5000円-6500円で数十箱売りました。家の前にウジャウジャ湧くのでww今はカブト虫よりゲンゴロウを売る方が数十倍儲かるそうです。

  • [2009/07/09 02:20]
  • goody
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集

  • コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。