さて。
今日は「住み込みのアルバイト」というジャンルについて、ちょっとご紹介していこうかと思います。
住み込みのバイトとは、職場あるいは職場の提供してくれる宿泊施設に泊まりながらするアルバイトのことですね。。

住み込みバイトと一口に言っても、その種類は数多くあるんですが、一番馴染み深いのは"新聞配達"でしょうかね。。
「新聞奨学生」(学費の全部・一部を新聞社が負担する代わりに、在学中は住み込みで新聞配達を行うという制度)という奨学生制度があるんで、これをしながら大学に通っている学生さんが多いですからね。。
その他にも、例えばマンションやアパートの管理人、寮や合宿所の管理人、家政婦さん、パチンコ店、リゾートバイト(観光地での住み込みの短期バイト)なんかも住み込みのアルバイトが多いです。。
探してみると、案外とたくさんあるんですよね。

一般の求人誌でも掲載されているんですが、住み込みの求人情報を専門に扱っているサイトもあります。
いくつか掲載しておきますね。

住み込みバイト  住み込みバイト
      住み込み.com             シゴト.in


住み込みのバイトのいい点は、何と言っても家賃がかからない、ということです。
多少は自己負担が必要なところもあるんですが、それでも自分で部屋を借りるのに比べれば格安で済む場合がほとんどです。
余分な出費がかからないので、手元により多くのお金が残るようになります。
さらに、バイト先によっては光熱費が無料のところもありますし、「賄い」(まかない)として食事が用意されるところもありますね。

「家賃」、「光熱費」、「食費」。普通の人なら、これらが月々の出費に占める割合は決して少なくはないと思うんですが、もし家賃・光熱費・食費が全くかからない、もしくは格安ですむんなら、これはとてもありがたいと思いますね。

「住み込みのバイトなんて、家族がいたら出来ないんじゃ…」
と思う方もいると思うんですが、「夫婦で住み込みOK」というのも、探せばありますね。。
夫婦で住み込みがOKなマンションの管理人などもけっこう募集されていますしね。。


昨年から問題になっている「派遣切り」で、仕事と住む場所を同時に失う方がたくさんいらっしゃいますが、生活の基盤が二つ同時に無くなるわけですから、とても辛いことだと思います。。派遣切りとまで行かなくとも、毎月の収入が下がって家賃の負担が段々と重くなってきている…そんな方も多いのではないでしょうか?
しかし、この「住み込みのアルバイト」では、「仕事」と「住む場所」というものが、二つ同時に手に入るわけです。。

もちろん、人によって事情がありますから、誰にでも出来るものではないと思います。
いい点もありますが、デメリットもありますしね。。
・仕事とプライベートが一緒になってしまうため、行き詰った時の逃げ場がなく、
・周囲との人間関係を良好なものにしておかないといけない、
・辞めれば仕事と住む場所を一緒に失ってしまうため、仕事をなかなか辞め辛い、などなど。
決していいことばかりではないんですね。。

ただそれでも、家賃がかからない、もしくは格安で済むというのはかなり魅力的なものだと思います。生活費が浮くため、その分を貯金に回すこともできますしね。
仕事や職場環境、職場の人間関係が、自分に合ったものならば尚更、言うことはありませんね。。


景気はさっぱり上向かない、というよりも最悪なこの状況ですが、
こんな時代だからこそ、「住み込みのアルバイト」に注目して探してみるのもいいかもしれませんね。

キーワード検索 : パチスロ

コメント一覧

酪農家の住み込みバイトをわかってください。全てとは申しません。しかし8割はそうでしょう。 精神面肉体面での極度の疲労。 労働基準監督署も介入できないこの実態をお知りになってはいかがでしょう?  この日本国に差別というものがなくなればいつかメディアに取り正されるでしょう

  • [2009/02/27 10:43]
  • メッセンジャー
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 不労所得?

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集