1. 裏バイト情報 裏のアルバイトTOP
  2. 裏の手口
  3. 悪の手口
  4. コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス

コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス

養殖ビジネスと言えば、昔ちょっとしたブームになったサイドビジネスですね。

小動物を養殖して、業者に高値で買い取ってもらおうというものですね。
今でも雑誌や色んなサイトで紹介されています。

一体どんなものを養殖するのかというと、



バイオコオロギ




タニシ




アフリカツメガエル

こういったものを養殖するわけです。
あとは、ミミズの養殖なんかも有名ですね。
業者からこれら小動物の成虫を買い取り、繁殖&育成させて、そして再び業者に買い取ってもらう、というのが養殖ビジネスです。

「毎月10万安定して稼げる!」とか、月に何十万も稼げるだとか宣伝されることもあるんですが、その実態を詳しく見てみると驚きの真実がありました。
「毎月10万安定して稼げる!」とか、月に何十万も稼げるだとか宣伝されることもあるんですが、養殖ビジネスはそれほど簡単なものではありません。
何しろ、育てるのは生き物ですので。
温度管理や飼育環境、エサなどをきちんと管理していないとうまく育ちません。
弱って死んでしまったり、共食いがあったり、ケンカをして死んでしまったりと、ひどい時には全滅してしまうパターンも多いと聞きます。


また、仮にそれらの管理がうまくいったとしても、副業として収入をあげていくのにはとても大変な事情があります。
バイオコオロギを例にとって考えてみましょう。

養殖したバイオコオロギは業者が買い取ってくれるのですが、その一匹あたりの買取値は2円程度。非常に安いんですね。
仮にバイオコオロギで月に10万円の収入をあげようとすると、一匹あたり2円ですから、
最低でも毎月5万匹を出荷しなければなりません。

衣装ケースに入れて飼育される方が多いんですが、色々な方の体験談を見ていると、どうやら衣装ケース一つで飼育できるのは1,000匹あたりが限界のようですね。
それを超えると共食いしたりでうまく育たないそうです。
つまり、5万匹を養殖するためには最低でも衣装ケース50個が必要なんです。。

さらに、これにコスト(保温のための光熱費、エサ代、送料等)や、共食いなどで繁殖の途中に死んでしまうものが多いということを考えると、養殖しなければならない数はもちろん増えますし、衣装ケースの数もどんどん増えていくことになります。。


ちょっと考えてみてください。
月に10万円の収入を手にするためには、最低でも衣装ケースを50個以上置けるだけの場所(スペース)が必要なんです。
自宅にそこまでのスペースを確保できる人って、なかなかいないのではないでしょうか?

それに、騒音(泣き声)や匂いも相当きついと聞きます。
死骸にハエがたかって、最悪の場合コオロギ以上にハエが繁殖してしまうそうです。。
管理もかなり大変で、ちょっと放置しておけばすぐに共食いを始めて死んでいってしまいます。。


バイオコオロギの養殖は一時期話題になったこともあり、実際に参加された方も多いんですが、相当大変なんですね。
途中で諦めた方がほとんどだそうです。

他のアフリカツメガエルやミミズの養殖に関しても、それぞれに異なる事情はあるんですが、やはり収入をあげるのは相当大変らしいですね。
詐欺業者から騙された!という体験談もあります。
ミミズコンポスト


やはり、そう簡単にはいかないものですね。。
関連記事

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
favorite sites