つい先日白ロム詐欺に関する記事を書いたばかりだったんですが、こんな事件が起こったようですね。
先日の白ロムバイト詐欺にも関係のあることなので、このブログでも取り上げてみようかと思います。


携帯電話詐取グループ逮捕 振り込め詐欺に使用も
7月29日12時9分配信 産経新聞

偽造住民票などを使って携帯電話をだまし取ったとして、警視庁少年事件課は詐欺などの疑いで女子高校生4人を含むグループ12人を逮捕した。これまでに1500台の携帯をだまし取り、そのうち2台は振り込め詐欺に使われていた。

 逮捕されたのは、住所不定、無職、小沢一雅容疑者(35)ら12人。小沢容疑者らは3月30日、東京都渋谷区の携帯電話販売店で、偽造した健康保険証と住民票を使い、女子高校生(17)を他人になりすませ、携帯電話2台をだまし取るなどした疑い。

 小沢容疑者らは昨秋ごろから、東京都文京区大塚のマンションに少女らを集め、偽造した住民票や印鑑などを渡し、携帯を月賦で契約。契約者情報が入ったICカードを約1万3000円、携帯本体を約2万7000円で転売していた。今年4月、東京都葛飾区の携帯電話販売店が「偽の証明書で携帯を買おうとしている女性がいる」と通報し、発覚した。

 だまし取った携帯は、4月に起きた振り込め詐欺事件で使われ、東京都青梅市の男性(75)と横浜市の主婦(55)が計約280万円をだまし取られた。

 小沢容疑者はこれまでに約1700万円の利益を得ていたとみられるが、「私の知らないところで振り込め詐欺に使われている可能性は否定できない」などと供述し、自身の振り込め詐欺事件への関与は否認している。女子高校生らは1台の契約につき約5000円の報酬をもらっており、「小遣い稼ぎだった」などと供述している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080729-00000931-san-soci


さて。
こちらの逮捕された犯行グループですが、いわゆる携帯役者ですね。
「役者」というのは、闇職の世界では「他人になりすまして契約をする人」のことを指し、
携帯役者というのは偽造の身分証などを使って、他人に成りすまして携帯電話を契約する人たちのことを言います。

これは違法行為であり、刑法上の有印私文書偽造(刑法159条)及び、偽造文書行使(刑法167条)にあたります。
さらに、今回犯行グループが搾取した携帯電話の台数はなんと1,500台にも上り、被害総額は約6,000万円相当にものぼるそうです。当然ながら、携帯電話会社から犯行グループへの損害賠償も考えられます。

犯行グループ内で実際に携帯電話を契約したのは15~18歳のまだ未成年ばかりらしいんですが、それくらいの年齢にもなれば、やっていいことと悪いことの区別くらいはつくはずです。
「小遣い稼ぎだった」そうですが、あまりにも浅はかですね。



まぁその話しはとりあえず置いておいて、本題に入ります。
今回搾取された携帯電話の中でも、特に振り込み詐欺事件で使用された携帯電話についてです。

冒頭で「白ロム詐欺にも関係がある」と書きましたが、この犯行グループが作成したものは実は白ロムではないんですよ。
「は?」
と思われるかもしれませんが、白ロムとは全くの別物です。

そもそも白ロムとは、解約済みの携帯電話、あるいは機種変更した後の古い方の携帯電話のことです。通話もネット接続もできません。
携帯を使用するためには、白ロムを携帯会社のショップに持って行って、「機種持込」という形で回線を新規契約するか、あるいは別の携帯電話で使用しているSIMカード(自分の電話番号やユーザーID、契約先電話会社との契約情報が記録されたICチップ)を白ロムに差し込む必要があります。
そのままでは通話もメールも何もできないのが白ロムです。


これに対し、今回犯行グループが作成したのは「黒ロム」
黒ロムとは、電話番号が登録されたままの状態の携帯電話端末ことです。正式に回線契約があって、そのまま使える状態になっている端末を指します。
黒ロム自体は特に違法でも何でもなく、というよりも私たちが普段通話やネットで使用している形態も、「黒ロム」なんですよね。

ただそれが、偽造の身分証を使って契約された、となると話しは別です。
他人や架空の名義で契約された携帯電話は、「飛ばし携帯」(略して飛ばし)と言われています。
回線が解約されていないために通話やネット接続ができ、名義が架空であるために自分宛に料金の請求が来ることはありません。
また名前も住所もデタラメなものであるため、完全に「匿名」で携帯電話を利用できてしまいます。

闇サイトなんかではこのような書き込みで販売されています。

闇サイトキャプチャ画像


この「飛ばし」は、今回のように振り込め詐欺などの詐欺に使用されたり、または犯罪に利用されたりしています。(昨年起こった名古屋の闇サイト殺人事件でも、犯人は掲示板へ書き込む際に、飛ばし携帯を利用しています。)
飛ばし携帯の存在が、ネットで行われる数多くの詐欺・犯罪行為の温床となっているんですね。
もちろん警察や携帯電話会社もかなり厳しい対策を行ってはいるんですが、まだ「根絶」には至ってはいませんね。


で、記事の冒頭で「白ロムバイト詐欺にも関係がある」と書きましたが…。
実は「白ロムバイト」で白ロムを作成したつもりが、いつの間にか飛ばし携帯を作らされていた、というケースが多いんですね。

通常白ロムの作成は、携帯電話を契約し、そしてそれを即日解約して機種のみを手に入れて業者側に渡す、という流れで行われます。
ただ、携帯電話を契約し、それを解約しないまま業者に渡してしまう人も、けっこう多いんですね。。
「うちのほうで解約しておきますので」
「うちのほうで住所変更の手続きをしておきますので」
という言葉を鵜呑みにして渡してしまうんですね。

業者にしてみると、すぐにそのまま使用でき、なおかつ完全に匿名で、通話料金も全く気にせずに使用できる携帯電話を手にしたことになります。
これで飛ばし携帯ができてしまい、犯罪や詐欺に利用されたりするわけです。


「飛ばし携帯」「架空口座」「偽造の身分証」
この3つは、詐欺師にとって必須三大アイテムと言われています。
軽い気持ちで白ロム作成のバイトに近づけば、詐欺や犯罪に加担することにもなりかねず、取り返しのつかない結果を招いてしまいます。

安易にコンタクトを取ることは絶対に止めましょう。

(※掲載してる売買募集の書き込みは、闇サイトでの実際の書き込みをキャプチャーした画像ファイルです。連絡先は全て塗り潰した上で掲載しております。また、今回発見した闇サイトでの売買募集の書き込みは、有害情報として公的機関に通報済みです。)

キーワード検索 : 危険な裏バイト闇サイト求人

コメント一覧
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 不労所得?

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集