皆さんも一度は耳にしたことはあるでしょう。
この占有屋。
以前に深津絵里さんとか出てる「カバチタレ」というドラマでも出ていましたよね。

何をするかといえば、倒産した会社経営者やローンの支払いが不能になった人が所有していたマンションや一戸建て、ビルなどに住みつく仕事です。


なぜそんなことが可能なのか?

それは、民法の短期賃借権制度というものが存在していたからです。
短期賃借権とは、簡単に言えば、”3年を超えない短期の賃貸借であれば、たとえその間に不動産の所有者が変わったとしても賃貸借契約の期間満了まで明け渡す必要がない”というものです。

もともとは、持ち主がコロコロ変わるたびにそこに賃借して住んでいる人が退去しなくてもすむように保護しようという制度なのですが、この制度を悪用して競売手続きの開始直前に短期賃貸借契約を交わし、そこに居座る商売を始めた人達がいます。
それが占有屋です。

もちろん、競売でその物件を購入した人は困ります。
何しろ、相手は正当な書類を持ち、法律でそこに住む権利を認められているのですから。
無理矢理追い出すわけにもいかず、結局購入を諦めたり、法外な立ち退き料などを支払うことになります。


この占有屋。
もちろん個人などでできるはずもなく、裏には暴力団や右翼団体がからんでいることが多いです。

日当は、まちまちですが一日1万から5万円。
仕事が慣れてくるにしたがって給料も上がっていきます。

何もせず、一日家でボーっとしているだけで5万円。
かなりおいしいですよね・・。


でも残念ながら(?)この占有屋、現在ではかなり下火になってるようです。
せっかく競落しても明け渡しを受けられなかったり、競落価格が下落してしまうということで、悪名が高かった短期賃借権制度は廃止されてしまい、占有屋の商売が成り立たなくなってしまったのです。

キーワード検索 : 噂の裏バイトあの仕事の裏側

コメント一覧
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 不労所得?

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集