「まいどぉ~お騒がせしております、チリ紙交換でぇございます…」


昔はよく耳にしたものですね。
このフレーズ。

新聞や雑誌を束ねているときに聞くと、うれしくなってきます。
急いで外に出て呼び止め、引き換えにトイレットペーパーをもらったりします。

使わないゴミである古新聞なんかを持っていってくれて、その上トイレットペーパーをもらえるなんて、なんとも有難いですよね。。


以前、このフレーズがよく聞かれていた頃は、ちり紙回収は学生でも出来る日払いのアルバイトとして存在していました。
ちり紙収集業者なんかが新聞広告や雑誌等に求人を出しているのをたまに見かけたものです。
仕事内容は、ゴミ置き場に捨ててある古新聞や雑誌・衣類等を集めて回ったり、あるいは住宅街を回って古新聞などの古紙を集めてきます。
会社から軽トラを貸し出してもらい(大抵は持ち込みでもOK)、それで古紙を集め回ります。

そして、集めた量から軽トラックの使用料(トラック貸出料金・ガソリン代等)を差っ引いた金額を受け取るのが一般的なちり紙交換のアルバイトでした。


が、しかしこのちり紙交換のアルバイト。
現在では、アルバイトの求人はおろかちり紙回収の業者自体がほぼ消滅してしまってしまいました。
その理由は、古紙相場の急激な下落にあります。


アルバイトによって集められたちり紙は古紙問屋に買い取ってもらうのですが、およそ5年前の古紙の買い取り相場は…

古新聞キロ当たり…2~2.5円
古雑誌キロ当たり…-1~0.1円
ダンボールキロ当たり…0.5~1円

ちょうど2000年を超えたあたりから古紙の買取相場は急激に下がり、それまでは古新聞ではキロ当たり10円を超えることもあったのですが、急激に値下がりしてしまいました。

古雑誌では、逆にマイナスになってきており、古紙回収といっても雑誌を集めればそれを問屋に卸すためには逆に料金を支払わなければならない、という事態になっています。

これでは、とてもちり紙回収業者は成り立ちません。
何しろ、集めてもほとんどお金にならない(1トンもの古新聞を集めても2,000円程度)どころか、雑誌を集めれば逆にお金を出して引き取ってもらわなければいけないのですから。
業者自体がこうなのですから、ましてやアルバイトとなると…。。


この相場の急激な下落がちり紙回収業者を直撃し、日本中の数多くの業者さんが倒産・廃業に追い込まれた、というわけです。
現在ではその代わりに新聞屋さんが古新聞を回収したり、あるいは自治体で古紙を回収したりしていますよね。

ちなみに、この古紙の買い取り相場。
原油高を背景に、2007年現在は高騰しております。

2007年4月現在の古紙の買取相場は、

古新聞キロ当たり…9円
古雑誌キロ当たり…6~6.5円
古ダンボールキロ当たり…8円

と、ここ数年で劇的な上昇を見せております。

それでも、ちり紙交換車が復活する様子はありません。

それは、古紙の市場価格の上昇に合わせるように、行政がリサイクル名目で古紙の回収を始め、行政が古紙を根こそぎ持って行くようになってしまったことが大きいです。
ちり紙回収業者が住宅街を回っても、古新聞などの古紙が集まらなくなってしまっているんですね。


「まいどぉ~お騒がせしております、チリ紙交換でぇございます…」

昔懐かしいあのフレーズ。
もう聞くことはできないんでしょうか。。

キーワード検索 : あの仕事の裏側

コメント一覧

ちり紙交換。懐かしいですね。。

長い間待たせてしまってすみません。
相互リンクのほう追加させていただきました。これから色々お世話になるかもしれませんがよろしくお願いします<(_ _)>
ご確認のほうよろしくお願いします。

  • [2007/06/15 00:08]
  • 帝國

相互リンクありがとうございます。
只今、確認致しました。

とてもクールなサイトと相互リンクして頂き、とても嬉しいです。こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

そのうち、機会をみてブログ記事でもご紹介させて頂こうと思います。

  • [2007/06/15 21:21]
  • えっくす

それはとてもうれしいです。
記事にしてもらいやすいようにこれからもクオリティの高いコンテンツを提供していくよう精進します。
これからもよろしくお願いします<(_ _)>

  • [2007/06/20 20:41]
  • 帝國
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する
記事ランキング
  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

  • 日払い50万円!?ゲイビデオ出演の裏バイト

  • 卵子提供の裏バイト

  • 官能小説を朗読して時給3千円~1万円の裏バイト募集

  • コオロギ育てて10万円~養殖ビジネス