1. 裏バイト情報 裏のアルバイトTOP
  2. 2017年04月

卵子提供の裏バイト

さて。
かなり久しぶりの更新になりましたが、今日は興味深い情報を見つけましたのでご紹介しておきます。

ずっと以前に精子バンクの裏バイトというものをご紹介したことがあります。
簡単に説明すると、人工授精のための精子を提供するという男性の裏バイトで、過去には一回の提供で3万円という金額の報酬で募集されていたこともあります。
その募集を受けていた業者はバッシングを受けたりで既に活動を止めてしまっておりますが。。


で、今回ご紹介するのはその女性バージョン。
不妊治療で苦しんでいる女性のために、卵子を提供するというものですね。
「エッグドナー」と言われることもあるようです。

とは言っても、日本国内ではこういった卵子提供に対しての法律や基準が整っていないこともあってごく一部の場合でしか行われていないのが現状。
(参考:卵子提供 日本の現状は 不妊治療――卵子提供、日本も整備を 米で体外受精、野田議員語る
何年か前に自民党の野田聖子議員が卵子提供を受けて体外受精を行ったことが話題になったことがありましたが、彼女のように海外で卵子提供を受けるケースが多いようですね。

海外で卵子提供を受ける際に利用するのがコーディネーターという機関。
依頼者と卵子の提供者(ドナー)を仲介したり、様々なサポートを行ってくれるところです。
この中で、海外のコーディネーターが日本人の卵子提供者(ドナー)を募集しているケースがあるんですね。

卵子提供に関する危険性などは私のほうでは判断が付かないため、募集しているサイトのURL等はここでは掲載しませんが、米国やタイ、韓国など様々な国のコーディネーターが日本国内で卵子提供者の募集を行っています。

卵子提供のドナー募集サイト  卵子ドナー募集サイト

卵子提供に対しては報酬も支払われており、幅はありますが必要経費に加えておおよそ60万円超の報酬が支払われるようです。。
卵子を提供する女性側にも負担やリスクがあるようですし、報酬を受け取るのは正当なことだとは思います。


ただ、卵子提供を受ける側からすると、海外でこういった不妊治療を受ければ数百万円のお金がかかりますし、負担は相当なもの。
日本国内でこういった卵子提供をもっと普通に受けられるようになれば負担が少ないとは思うんですけどね。

日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト

このブログ「裏のアルバイト」では、これまで数多くの裏バイトをご紹介してきましたが、今回もまたちょっと珍しい職業をご紹介します。

今回取り上げるのは、ちょっとエグいお仕事。
その名も、「土葬納骨」の裏バイトです。

「土葬納骨」とは、土葬にされた遺体を掘り起こして改めて火葬し、新たな納骨堂に納めることを言います。

今回ご紹介する裏バイトは、この土葬納骨の作業をするものです。

favorite sites