さて。

今回は、投稿者が体験されたアルバイトの中でも、特に時給が高く「おいしい」と思われる普通のバイトを集めた投稿体験談をご紹介します。

大学生活中に体験されたということで、学生ならではでのアルバイトも紹介されていますので、学生さんでアルバイトを探している方には参考になるものもあるんじゃないでしょうか?


時給5000円!誰にでもできる、おいしい普通のバイトを8種類紹介

投稿者:☆★ごん太さん★☆



大学生活5年間、ありとあらゆるバイトを経験しました!!
ということで、その中から「おいしかったバイト」から「二度とやりたくないバイト」までランキングにてご紹介します◎
※おいしさ・キツさは完全に私の主観による5段階評価です…


①就活モニター座談会

<おいしさ> ★★★★★
<給料> ¥8000/2時間
<キツさ> ★☆☆☆☆
<発見媒体> 就活サイト
< コメント> 就活中にマイ○ビや日○ナビといった就活サイトのネットモニターに登録していたところ、募集を見つけ参加。ネットでのモニター自体も、1年間、1回10分程度のアンケートに毎月答えると5000円近くの図書券がもらえるおいしいものです。
しかし!座談会は2時間、司会者に従って就活生6人程と就活についてお話するだけで8000円もらえる最高においしいバイトでした!たしか12月頃募集してます。他にも時期によって異なるテーマのモニターも募集してる模様です。
大学生は参加必須!!!

キーワード検索 : 投稿体験談美味しいバイト

今回の記事も引き続き、投稿頂いた体験談をご紹介します。

今回は、とある「展示会」にて働くお仕事。
展示会でうまくいけば月に数百万円もの大金を稼ぐこともできるというものですが、投稿者様はその展示会が開催される前日に、こちらの会社を去ったようです。。

一体「展示会」とは何なのか、なぜ投稿者様は開催前日にこの会社を去らねばならなかったのか、ご覧下さい。


 夢を追いながら稼ぐ、「展示会」の仕事
投稿者:hdkz0511さん



その入り口はある出会い系サイトの掲示板にあった。

「あなたの夢を教えてください。今、自分は夢のためにある仕事をしています。」
と書かれていた。

当時、大学生で将来起業する夢があった私は何気ない感覚でメッセージを送った。
自分と同じく19歳の女の子だった。

それから一週間ほどメールや電話のやりとりをした。
そこでわかったのはその子が「展示会」の仕事をしているということだった。

彼女は将来自分のカフェを開くという夢のために働いているという。
そして実際に会って一緒にご飯を食べる事になった。
ご飯を食べながら「展示会」の仕事についていろいろ聞いてみた。

が…その子の説明が下手であまりわからなかった。
そうしていると会社に連れて行ってくれることになった。


会社はあるビル群の中にあった。その3Fの事務所に入ると中に5人ほどいた。
皆、20代前後で自分とそうは変わらないような人ばかりだった。
その中の一人、主任と称する男が紹介された。
何とも言えない「イイ人」といった印象を受けた。
より詳しく「展示会」の仕事を説明してくれた。

主任の話をかいつまんで言うと、展示会は一ヶ月に三日間ほど開催されるようで、パリコレ等にでてくるような最新のモデルの服を展示し、それを見に来たお客さんに対して売る。
その商品である服はグッチ、シャネルのような一流ブランドの名前がつく手前の段階のものを特別に提携会社から流してもらうため、一流ブランドと同質のものを比較的安く買える。
具体的には数万円のジャケット、小物~百万を超える毛皮のコートがある。
その商品は原則自分が買う事ができない。
よほど欲しければ要相談だそうだ。

展示会に入れるお客さんには制限がある。
特別に売るということで提携会社との信用問題もあるので、展示会主催会社の従業員から直接招待状をもらった者しか入れないようにしている。
それにより一定の信用が担保される。


仕事内容としては「展示会」は会社が主催するが、実際に従業員ががそれぞれ独立してそこのオーナーとなって【自分が店をオープンさせた】つもりでお客さんに売ってほしい。
服が売れたら階級(後に述べる)に応じて、最初は商品価格の10%が報酬となる。
完全歩合制だから最初は収入0なんてのもありえる。
しかし服と売場は会社が貸すのでリスクはないし、頑張り次第でどんどん収入が増える。

階級の話だが、四段階あり、第1段階は報酬10%で、階級が上がるにつれて、第4段階では報酬50%にもなる。

階級をあげるには月あたりの売り上げを基礎として第4段階では1000万円以上でなれるらしい。
毛皮のコートなら1着売れば100万円は超えるからそれを考えると決して不可能ではない。

さらに第2段階以降は自分の下にさらに従業員を自分で雇うことができるので、より集客できるようになる。
自分が雇った者への報酬はオーナーである従業員が決めてよい。


ここは夢のある人が夢を達成することを助けることを目的とする会社で、~~NPO法人にも加盟しているなんて事も言っていた。
そのため、第4段階になればある程度お金が貯まるので皆自分の夢のために卒業していく。
お金稼ぎの手段としてくれて構わないと言う。

やはり気になったので報酬はいつ支払われるのか聞いてみると、翌月にまとめて【手渡し】で支払われるらしい。
多い人は数百万円だからその厚みを実感できるらしい。

主任が「やってみないか?」と聞いてきたので、
私は「ぜひお願いします。」と言った。
すると簡単な紙に名前、住所、電話番号などを書かされた。
うちは信用を基礎にするからお堅い履歴書なんてもらわない。
あと念のためと言って学生証を見られた。
どうやらそれだけでそこの従業員となったらしい。
さらに、何歳になった時はこうして~といったような具体的な人生目標を書かされた。
これでモチベーションをあげるのだろうか。

その後、言われるがままにケータイのアドレス帳に入ってる人はもちろん、自分が思いつく自分に関係のあるすべての人の名前をリスト化する作業をした。
これがいわば自分の【顧客情報】とするようだ。

顧客とすることができるのは自分と直接繋がりがある者だけで、ネット、街角等で広告を募ってはいけないらしい。
とりあえずその作業を終えて初日が終わった。


それから次の展示会まで、いろいろ教えることがあるので、できるだけきてほしいと言われたので、ほぼ毎日通った。

基本的に展示会の期間以外はもっぱら集客活動をした。
そのプロセスとしては
①電話で展示会に来る事を約束し、
②アポを取れたら招待状の手渡し、
③展示会当日、実際に来たら接客
④購入により報酬発生といったカタチになる。

来る時はさらにその者の友人も連れてくるように一言添えておく。

ここで注意が必要で、実際に購入する人は二十歳以上であることが条件となる。
それは展示会の場でクレジットを作れるので、二十歳に満たないと審査がおりずカードができないらしい。
さらにカードを作ることでより大きい額の商品を買ってくれると言う。
一切そのことに触れていなかったが、ここでは未成年の取消権の問題でもあるだろうと私は考えた。


ある日その関連会社のお偉い人の話を聴けることになった。

その日が初めての出勤の21歳でパチンコの店員をしているという男と行動することになった。
自分が働く会社の主任も、元は他のまったく同じ事を業としている会社で働いていたらしい。
その会社こそがこのビジネスを広げたようで、そこの卒業生がそれぞれ独立して新しい会社をつくって今に至る。
後々教えてもらったが、この独立した卒業生のそれぞれの会社が協力して「展示会」を開催しているようだ。

話は戻るがこの日は他の会社の専務取締役の話を聞ける事となった。
そのためその会社がある近くのビルに行った。

そこで人生論的な話を聞いたが、直接仕事に結びつくような話ではなかった。
その後自分の会社に戻ると主任と、もう一人見慣れない強面の人がいた。
話を聞くとどうやらそこの社長らしかった。

単髪の金髪、金のアクセサリーを多数身につけ、サングラスをしていた。
正直ヤク○かと思って怖かった。
さらにその社長の話も聞けることになった。

「自分の身なりもこんなんやし、ほんまに怪しいと思うかもせぇへんけどな。
にいちゃんが怪しい思ってるうちは客来ぇへんさかいな。
自分の店やねんから自信持たなあかんで。」
といった感じの事を言っていた。


ある日、その展示会の関連会社によって合同のセミナーがおこなわれたので参加してみた。
そこではこの「展示会」の創始者である社長による勉強会だった。
小一時間ほど営業に関するノウハウについて聞くこてができた。

その雰囲気なのだが、自分と同じようにその事業に誘われた者達は何かに洗脳されたかのようにウンウンと聞いていて、それを見て私は少しぞっとした覚えがある。
確かにその社長が言う営業のノウハウは他に通じるものがあったように思えるし、何よりも理屈通ってるかどうかは別としてなぜか説得力があった。


展示会まで残り数日と迫った頃に主任から、あるマニュアルをいただいた。
そこには、当日駅などで待ち合わせし、会場まで案内して、展示会でどう振る舞うかが書かれていた。
ちなみに客を一気に相手にするのではなく、時間ごとに区切って1グループ(招待した友人とその友人)ごとを接客する。

この頃、この会社に不信感があった私はネットでいろいろ調べた。
そこで見たのは、先に出てきた専務取締役は別の会社(事業は同じく展示会)の代表取締役であって、あるお客が買った商品に関してその会社を相手取って訴訟を起こしているような事が書かれていた。

具体的に何を求めたのかはわからないが、そのお客はいわゆるデート商法によりその商品を購入したらしい。
デート商法とは売り手が、その標的である相手に対してあたかも恋人のように振る舞って、
「仕事がうまくいっていない。だから商品を買ってほしい。」
とでも言って色仕掛けによって買わせる手法だ。
これがあってか上で挙げたように【自分の直接の知り合い】しか客とできないようになったのであろう。


さらにマニュアルを見て、この展示会から去る決意をした。
と言うのも、展示会では実際接客するのは会社が用意する人がして、自分はお客に「それすごく似合ってるよ。」なんて言いながらながら一緒に回る。

さらに、極めつけは入り口でお客の手荷物を預かる。
これは事実上お客が買わなければそこから出れないような軟禁状態にする。
なんとなく不正をしているのではないかという疑惑がより強くなった。


しかし、私が行った会社では【違法性】というものがあるかと言われると、「NO」と言わざるをえないような気がする。
グレーゾーンと表すのが適当だろうか。
月に数回しかしない展示会で利益をあげるには普通の方法では無理だと考えられる。
おそらく、服の質に対して著しく高い価格設定されているのではないだろうか。


結局、私は展示会の前日まで通ったその会社を去った。
今思えばその展示会がどう開催されるのか、この目で確かめればよかったかなと思う。
もしかしたらうまくいけばお金を稼げるかもしれないが、一歩間違えば友達をなくしたうえに信用もなくしてしまう可能性がある。


今回は稼げる情報と言うよりも、消費者教育的な側面から書きました。
明らかに「おいしい話」には気をつけてほしいです。ただ、当時、学生で普通では経験できなかった事なので【お金では買えないもの】を得れたのではないでしょうか。

関連会社の社長に聞いた営業のノウハウなんかは今でも十分応用が効きます。

以上です。



いくらお金を稼げるといっても、こういう友達や周りを巻き込むような仕事はしたくないものですね。。

キーワード検索 : 投稿体験談

さて。

前回に引き続き、今回も投稿体験談のご紹介です。
今回は、祭りや縁日などの露天で働くバイト、いわゆるテキ屋のバイトをされた方の体験談です。

これから夏に向けての時期、祭りだとか花火大会なんかに出掛ければテキ屋さんを見かけることは多くありますが、その中で働いているバイトの方は、やっぱり大変なんですね。。



 祭りバイトの実情
投稿者:Shinoさん



どうも、初めましてshinoと申します。
皆様は祭りのバイト、いわゆるテキ屋をしたことがありますでしょうか?

あまりしたことがない方が多いと思われます。
それで僕が実際にテキ屋で体験した実情を書きたいと思います。


テキ屋は時々求人などに載っていますが、僕は友達の紹介でテキ屋をやらせていただくことになりました。
一週間の間で都合のいい日で、毎日その日の終わりに一日のバイト代をもらえる日給制、夕方から夜22:00までと事前に言われました。
楽しそうだし、いいかなと思い引き受け、祭り初日にバイト場(たこやき屋とチーズボール屋)に行きました。

軽く挨拶も済ませ、まずはチーズボール屋へと直行。
そしてビックリしたのが、チーズボールは普通に市販に売り出されている一袋の中に一個一個入っているものでした。
それを、串で四個ずつさしてゆきます。
一袋三百円くらい。
一つの串に四つ挿してあるチーズボールで三百円で売るというものです。

チーズボールをピラミッド型に並べてゆくのですが、当然落としたりします。
砂などが付きますね。
普通は落としたものは、売らないものでしょう。
だけどテキ屋はよっぽど酷い汚れ方でなければ、少しはらって、また揚げます。
なんか物凄かったですね、適当すぎて。テキ屋だけに。

それに、休憩がほとんど無く袋のチーズボールを出してきて、揚げて、売って、荷物があれば取りに行きます。
これをひたすら。足がもう震えて仕方が無いです。
飯も支給される(ほか弁など)のですが、ようやく食べれるのは届いて三時間後だったりします。


そして祭りでは定番のたこ焼き屋。
ここはホントにキツイ。
お客様が絶え間なくきます。
僕はたこ焼きを受け取ってトッピングしたり、たこ出してきたり、荷物やキャベツなどを切って生姜と混ぜたり、後はレジですね。
それをひとしきりにします。
本当に休めなく、本当にキツイバイトです。
迅速にしないと、めっちゃ怒鳴られます。

祭り自体が終わったあとも、食器洗いと次の日の水を溜める作業。
食器も相当多く、水のタンクが何個もあり、それを担いでいったりきたり。
力がない僕には苦痛でした。


そして気づくと02:00。
めっちゃ過ぎてますね。
で、店長が『もう帰っていいよ』

え?
日給じゃないんですか?
と僕は言いました。

そしたら、『給料は一週間後や!』といわれました。
そいで都合の悪い日をいっても、『人が足りんけ、一週間全部入れ』と・・。
明日から朝7:00からやから、荷物もってこんといかんやろうけん車出すから積んでマンションに泊り込め。と

正直、怖かったんで逆らえなく下手して逆らったら今日の分も貰えないと思い承諾しました。

そして朝7:00に仕込みを始めます。
いつものように、タコを切ったり、キャベツとガリを混ぜたり、掃除したり。
覚えることも沢山あります。

たこが焼き終わったら『あぐっぞ!』と言われ六つ置いて素早く僕に差し出します。
それを受け取り、たこ焼きにねぎ、かつお、マヨネーズ、ソースを素早くトッピング。
一個一個してたら時間がないので、ほとんど流れ作業で目まぐるしいです。

因みにソースはウスターソースとイカリソースを3:7で混ぜたものです。
マヨネーズは普通にキューピーマヨネーズ。

そしてチーズボールの方へ。
あ、チーズボールも業務用のスーパーに行けば、『チーズドック』という名前で売ってあります。
自分で串さして油で揚げれば、チーズボール屋と同様のものができます(笑)

少しコツがあります。
まず、一個一個チーズボールに串がついているので取ります。
出したばっかりのものだと凍っているのでぬけません。
その場合は、串にさしたまま一度全部油の中に10秒ほどつけ、出します。
ちょっと冷えたら、普通に串がとれますのでとっていってください。

そして一個一個四つ串に挿します。
油に大体30-40秒で出来上がり!

試してみてください(笑)

それでまた終わったのは02:00から03:00ぐらい。
そんなのが一週間続き、最後は屋台の片付けをします。
何個売れたかとかの検品もして、全て畳んでトラックに全て詰め込みます。
これも力仕事で相当重いのばっかりなので、僕にはきつかったです。


そして手渡しで貰った給料。 24000円。
一週間の間、朝7:00から夜中の02:00まで毎日。
時給換算してみたら400円以下!?

たこ焼きのほうは500円で売っていて、チーズボールは300円。
相当お客も並んでて相当儲かってるはず。。

それで24000円!?
封筒開いて本当にびっくりしました。

あまりにもキツさと比例しない額なので皆さんやらないほうがいいと思います。
酷い筋肉痛に襲われ、グッタリ・・。
だけどこのバイトをすると、他のバイトは全てできることでしょう・・。

あっ、因みにですね。
テキ屋すると、逆ナンされることもしばしば・・。
こっちからナンパしても普通の何倍もの確率で成功します笑 ←成功しました!!

そんな感じで、祭りのバイトの実情でした。
読んでくれた方ありがとうございました!




もちろん全てのテキ屋さんのバイトがこうだとは思わないんですが、過酷ですね。。
これで時給400円以下って・・・。

キーワード検索 : 投稿体験談あの仕事の裏側

さて。

以前に「掲示板投稿ランキング」という企画を開いたことがあるんですが、この際に掲示板に投稿頂いたアルバイト体験談が、現在読めなくなっております。

「裏バイト情報掲示板」(現在は閉鎖済み)に投稿して頂いていたのですが、スパム的な投稿やユーザー登録がいくつか来てしまい(全て表示される前に管理人により削除しております)、今後もさらに悪質な投稿や登録が増えてくることが予想されたため、掲示板自体を閉鎖しています。

掲示板に投稿や登録をしようとしても、管理人による承認が無ければ掲示板上に表示されないような設定にしておりましたので、そのまま放置しても問題が起こることは恐らく無いのでしょうが、万が一の場合を考えるとやはり不安があります。
パスワードを解析されて掲示板を乗っ取られるとか…考え難いことですが、やはり将来的にもこのままの状態で掲示板を残しておくことには、不安が残ります。

けっこう頑張って作成した掲示板でしたし、せっかくたくさんの投稿を頂いていましたので、正直言えば残念なところなんですが、万が一のことを考えて、早めに「閉鎖」という処置をとらせて致しました。


で、せっかく頑張って投稿頂いた作品を読めなくしてしまっているのは申し訳ありませんし、逆に「読みたい」という方からの声も頂いていますので、代わりにブログ上でご紹介しておきます。
かなり数が多いので一度に紹介することはできませんので、何日かに分けて紹介していきたいと思います。



 意外と高時給。座るだけ!15分ごとに休憩のあるバイト
投稿者:ましぇりさん



私が高校生の時に体験した、あまり知られてないであろうと思われるバイトの話をしたいと思います。
毎日、毎回できるわけではありませんがかなりおいしいです

美術の道に詳しいなら知っているかもしれませんが、そのバイトとは美術研究所のモデルです。
(美術研究所とは、美大を目指す人が通う塾のようなところです。他にもいろんな呼び方があります)

何をするのかというと、50cmほどの高さの台の上にある椅子に座る。これだけです
服装髪型自由で、楽な姿勢で構いません。
何か手に持てと言われる場合もあります。
脱ぐんじゃないか?とか思う方もいるかもしれませんが、ヌードはプロ?の人を呼ぶので脱ぐことはありません。

座ったら、自分の足の場所が変わらないように床に目印を付けておきます。
みんなが書き始めたら床に置いてあるタイマー(15分)を動かして
0になるまでじっとしています。(この間は妄想なり考え事をしていると楽です)

0になったら10分休憩。教室の外に出ても何してもいいです。

これを6~9時間繰り返します。(うち1時間は昼休憩)
これだけで時給1000円で、休憩時間(昼休憩以外)も給料に含まれ、交通費も出ます。
高校生で、しかも最低賃金が700円未満の県に住んでいるにもかかわらず(笑)

少し拘束時間が長いと感じるかもしれませんが
他の仕事よりは楽で簡単だと思います

さらに、書かれた自分の絵を見ると「自分は他人からこういう風に見えてたんだ・・・!」とか
新たな発見もできます。


キーワード検索 : 投稿体験談

「裏の求人広告」などと物騒なタイトルを付けましたが、
こちらは昔、ネットで話題になったこともある求人です。

かなり懐かしいものなんですが、まさしく「裏の求人広告」ですね。。


裏求人
(※画像をクリックすると拡大表示されます)

こんなポスターまでありました↓

裏求人

というか、今の若い人たちって、「ショッカー」って知っているんでしょうか?
(※ネタなので、真剣に応募とかしないで下さいね。)

キーワード検索 : 

  • 高給アルバイト!? 治験のアルバイト まとめ

  • 男性のみ募集 アダルトビデオ出演で最大50万円!?

  • ノーリスクでBETして金銭などが手に入るWEBサービス

  • アイドルのマネージャー募集

  • 日給5万円~遺体を掘り起こす裏バイト