1. 裏バイト情報 裏のアルバイトTOP
  2. 2007年01月

名簿売買

何を隠そう、私も先物会社に在籍していた時に使っていました。
大体は普通のNTTの電話帳を使って営業電話をかけていたんですが、たまに名簿を使って営業していました。


名簿の入手の仕方は、到って簡単です。
私がよくやったのは、神田の名簿屋さん(普通の本屋さんみたいなものです)を回ったり、データベース業者を通して買っていましたかね。
他の人はネットオークションで入手したりもしていましたがね。

決して値段は安くは無いんですが、使う名簿によって、"人当たりがいいor悪い"、"金を持っているor貧乏"、"お金儲けに興味があるorない"、という特徴があって、いい名簿は「新規(契約)の宝箱」なんていってかなり重宝していましたね。
すごいものは、500人載っている名簿から数十件の契約が取れたり…。

使う名簿によって、営業の成果が断然に変わってくるんです。
だから、特に電話で営業や勧誘をする業者・DMを送付する業者にとって名簿というのはとても重要なものなんです。


いい名簿は、当然高額になります。

例えば、大学や高校、中学校の卒業名簿。
値段はピンキリですが、レベルの高い学校ほど、「いい名簿」になります(いい就職先に就く=金を持っている)

また、年度の古い名簿より、新しい名簿のほうが「いい名簿」です。
なぜなら、住所や電話番号が変わっている可能性が低いということもありますが、新しい名簿ならば他の業者がまだ使っていない可能性があり、あまり営業電話がかかっていない=話しを聞いてもらえる可能性が高い、ということがあるからです。

高額なものは数万円単位で売られていましたね。


そして、私は利用しなかったんですが、一番高額で取引されていたのが、街金・闇金業者の顧客リスト。
"こんな金のない人達のリストをどうするんだろう?"と不思議で仕方がなかったのですが、後で聞いた話だと、この中から本当に自己破産寸前の多重債務者を探し出し、彼らを使ってさらに個人情報を収集するのだそうです。
つまり、多重債務者の勤務先の会社のデータを引っ張ってこさせるのです。ある程度の報酬の代わりに。

例えば、クレジットカード会社社員に、顧客のカード利用明細を持ってこさせたり…
看護婦にカルテのコピーを取らせてきたり…
葬儀屋から独居老人のリストを手に入れたり…

さらにヤバイデータを手に入れ、これを他の金融業者やリフォーム業者、訪問販売業者に持ち込んで高値で売りつけるんですね。

恐怖!先物取引の罠

さて、今回は先物取引の営業の第二弾です。

よく「先物は恐ろしい」なんて聞きますが、若い人なんかは「先物なんてなんのこっちゃ?」という人がほとんどでしょう。

それについては前回説明した通りなんですが、分かりやすく言えば、株の取引をめちゃめちゃハイリスクハイリターンにしたものですね。
株なら、普通の取引をしている限り、例え投資した会社が最悪倒産してもその株券がパーになるだけで、マイナスになることはないんですが、先物の場合だと、マイナスになります。
100万投資して、1週間後にはマイナス200万になった!ってこともあるわけです。つまり、合計で300万の損ですよね。


しかも、株と先物の一番の違いは、先物は「ほぼ必ず」損するということです。
ここで疑問に思う人もいるでしょう。
「値段が上がるか下がるかは50%なんだから、儲けるか損するかも50%だろう」って。

おすすめアダルトアフィリエイト

まず、何をおいても最初に登録しておきたいのはDTIですね。

ここは、アダルトでは最大手でほぼ全てのアダルトサイトが加盟しているといっても過言ではありません。
提携サイトは40社以上で、各種素材も豊富に(というか膨大に)揃っています。
さらに、DTIアフィリエイトではホームページを持たなくてもプロが作ったページで宣伝できる「TGP」という制度もあるので、ホームページを作れない初心者でも即宣伝できるようになります。
また、DTIアフィリエイトに参加すると、アダルトアフィリエイトを基礎的なことから学べる『初心者マニュアル』を見ることができるようになります。
この初心者マニュアルを見ておかないと全体の流れがなかなか掴めないと思いますので、アダルトサイトを運営するのであれば必ず見るようにしてください。
 詳細は、こちらをご覧下さい→DTI

アダルトアフィリエイト

アダルトアフィリエイトとは、自分でアダルトサイトやブログを作って、そこに広告を貼り、収入を得ようというものです。
アダルトサイトに行けば、色んな広告が貼っているでしょう。
つまり、あれをやろうというわけです。


ここに来ている人の中には、ポイントやリードメールなんかでお小遣い稼ぎをしている方もいるでしょう。
しかし、なかなか稼げていないのが現状ではないでしょうか?

色んなところに無料登録をしたり、ひたすら広告メールを見たり、一ヶ月必死に頑張ったとしても数千円の報酬しか得られない。
時給に換算すれば百円にも満たない…。
これはいくら好きな時間に好きな場所でできるといっても厳しいものがあるでしょう。

また、アフィリエイトをやっている方でも、なかなか最低支払額にも届かない方も多いんじゃないでしょうか?

そんな方におすすめなのがアダルトアフィリエイトです。


先物取引の営業

今回はアルバイトではないんですが…
私自身が数年前にやっていた仕事です。



「先物取引ってなに?」という人もいると思いますが、かいつまんで説明すると、

とうもろこしやコーヒー豆などの農産物、金やプラチナなどの貴金属、ガソリンや灯油などの石油などを、一ヶ月先、二ヶ月先…六ヶ月先などと期限を定めて受け渡しをするという条件で売買を行うものです。

ただし、商品を実際に受け渡しをすることはありません。
たとえば、ガソリン。
市場における取引単位を「一枚」というんですが、これは50キロリットル(つまり50,000リットル)に相当します。
すなわち、ガソリン5万リットルです。
そんなものを個人で実際に受け渡しする人間はいません。
最初に証拠金(手付金のようなもの)だけを支払って、「買ったこと」「売ったこと」にし、その買値と売値の差額だけをやり取りするわけです。

「レバレッジ効果」なんて耳にしたこともあると思うんですが、投下資金(証拠金)の10倍以上の金額(商品により異なる)を市場で取引することができる仕組みになっているんです。
証拠金の約10倍の金額を取引できるということは、相場の変動によって生じる取引の損益額も約10倍分ということになります。
よって、当たればデカイ、それが先物です。

しかし当然、外れてもデカイのです。
先物取引は超ハイリスク・ハイリターンなんです。



私がこの先物取引の営業をやっていたのはかれこれ3年前になるんですが、給料はめちゃめちゃ良かったですね。
大学を卒業して初めて就職したのが某大手先物取引会社だったのですが、三ヶ月の研修を終えて初めてもらった給料の金額が総支給で40万。
手取りで36万近く行っていました。

汁男優

汁男優とは…AVで通称「ぶっかけ」というジャンルの作品によく登場する脇役男優のことです。

「ぶっかけ」とは、大勢の男優が一人の女性に寄り集まって精液をかけ、その顔と体が汚される姿を見て、視聴者に性的興奮を促す趣向のものですね。
そのため汁男優は、基本的に女優との絡みはありません。
出来上がった作品に顔が映ることもありません。
映るのは彼らの股間部分と、そこから発射される精液のみです。


撮影現場で、女優と主役男優のセックスを見ながらマスターベーションをし、精液を女優の顔や体に発射することがその役割です。

AVメーカーのネット広告などでたまに募集しています。
報酬は、1回の射精につき三千円から五千円程度。
もちろん、出なかった(射精できなかった)場合はギャラはありません。
基本的に交通費は自費なので、遠方の現場だったり、終電のなくなる時間まで撮影が続いた場合は、タクシー代がかかることもあり、結果的に赤字になってしまうこともあります。
金銭面で「おいしい」か「おいしくない」かでいえば、間違いなくおいしくない部類に入りますね。。

ちなみに、稀に汁男優が女優との絡みを演じる場合もありますが、それはあくまで相当な射精の技術を持った、プロの汁男優の仕事。
ネット広告を見て応募してくるようなあくまで趣味の域を出ないアマチュア汁男優には、残念ながらその役目は回ってはきません。。

登録だけでお金がもらえる☆チャットレディー

チャットレディに登録するだけでお祝いプレゼントとして報酬が貰えるサイトを集めました。
すべてのサイトに登録すれば合計29,000円になっちゃいます。

サイトに登録するのに,応募に2分、面接に3分で、1サイト登録するのに5分、全7サイトなので、ちょっと時間がかかったとしても一時間もあれば全て登録できてしまいます。
一時間で29,000円稼げちゃう!つまり時給29,000円

竿竹屋の真実

みなさんは竿竹屋さんをご存じでしょうか。

「たーけやーあ、さおだけーぇ」

というアレです。軽トラに竿竹を積み、とろとろと町中を巡回。ましてや
「2本で千円。20年前のお値段です」

とまで言ってます。みなさんはあの存在をどのように考えているのでしょうか。

ちょっと質問を変えてみましょう。
みなさんは、ここから竿竹を買ったことがありますか?
じゃなければ買っている人を見たことがありますか?
これが「石焼きいも」だったら、買ったこともあるし買っている人も見たことはあるでしょう。
なのに竿竹に限っては…? 

二本で千円という破格値。
人ひとりが車を運転して巡回する人件費、車の管理費、ガソリン代…etc.
どう考えても商売として成り立たないのです。
なのになぜ竿竹屋は日夜、町中を巡回しているのでしょうか。
ここで洞察力のある方はもうお気づきのことと思います。

そうです。目的は別にあるのです。
favorite sites